デザインアンテナの魅力

テレビを視聴するにはテレビアンテナの設置が必要となりますが、テレビのアンテナというと屋根上に設置された金属製の魚の骨のような形のものをイメージする人が多いのではないでしょうか。
このアンテナは「八木式アンテナ」と呼ばれるもので昔から多くの人に利用されてきました。
しかし、近年では住宅の外装にもこだわったデザイン性の高い住宅が増え、従来のアンテナを屋根上に設置すると外観を損ねてしまうので抵抗がある・・・と懸念する人も多く見られます。
そんな時に検討していただきたいのが近年話題となっている「デザインアンテナ」です!
ここでは家の外観を損ねることなく取り付ける事ができる、デザインアンテナの魅力についてお話ししていきたいと思います。

デザインアンテナとは

デザインアンテナとは、薄型の平面上で壁面に設置する事が可能なアンテナのことを言います。
家の外観を損ねたくない・屋根上のアンテナが倒れないか心配・・・といった声から開発されたもので、平面アンテナ・壁面アンテナ・フラットアンテナなどとも呼ばれています。
デザインアンテナの特徴は、従来の八木式アンテナとは異なり小型で薄い作りとなっているため見栄え良く設置できる事です。
さらにカラーバリエーションも豊かで、ご自宅の外壁に近い色を選択する事がきるため、住宅のデザイン性を損ねる心配がありません。

デザインアンテナの魅力

住宅の外観を損ねる心配がない

上記でも説明しましたが、デザインアンテナの最大の魅力は住宅の外観を損ねる事がないデザインである事が挙げられます。
家の壁面に設置することが出来、住宅と同じ色を選択する事で一見すると壁の装飾に見える程です。
さらに、形状も四角形や六角形などの種類があり、好みのものを選んで設置する事が出来ます。

強風・雪などの影響を受けない

従来の八木式アンテナは屋根上に設置する為、雪・強風などの影響を受け破損してしまったり、ひどい場合だと落下してしまうといった危険がありました。
デザインアンテナは、壁面に設置するため強風などの影響で被害を受ける可能性が低いため安心して利用する事が出来ます。

設置やメンテナンス・修理を楽に行う事が出来る

デザインアンテナは屋根に設置しなくて良いため、設置工事が従来のアンテナと比べて短い時間で簡単に行う事が可能です。
更に、メンテナンスや修理を行う際にも屋根に上って施工する必要がないため、安全に作業を行う事が可能です。

注意する事

受信感度によっては取り付けが出来ない場合もある

地デジアンテナの電波を受信するには、ご自宅の周辺環境が大きく影響してきます。
例えば、家の前に高層マンションがあったり、電波を通しにくい竹林などが存在すると、電波塔から十分に電波が届く範囲であっても受信が乱れてしまう可能性があります。
デザインアンテナは壁面に設置やベランダに設置する事から、屋根上に設置するタイプと比べて周辺環境の影響を受けやすくなるため注意が必要です。

BS・CS放送の受信について

デザインアンテナはBS・CS放送とは受信形態が異なるため、デザインアンテナだけではBS・CS放送を視聴する事が出来ないので注意が必要です。
地デジとBS・CS放送の両方を受信したい場合は、デザインアンテナの他にBS・CS用のパラボラアンテナを別途設置する必要があります。

価格について

デザインアンテナは、八木式アンテナと比べると価格が高い傾向にあるので注意が必要です。
そのため、デザイン性よりも費用を重視したい場合は、八木式アンテナの方が安価に設置する事が可能です。
どちらか悩まれる時には、専門業者に見積もりを出してもらい検討すると良いでしょう。