テレビアンテナのブースターで問題解消!!

テレビの映りが悪い・・電波が弱い・・・複数台のテレビを使用したい・・・
そんな時に役に立つのが「ブースター」です!
現在、ブースターと分配器を設置しているという人も多いのではないでしょうか?
これからアンテナの設置を検討される方も、電波状況によってはブースターが必要となる可能性があります。
今後、アンテナを設置・交換する際の参考となるよう「ブースター」についてお話ししたいと思います。

ブースターの設置が必要な時とは?

発信基地の電波が弱い

地域によってはもともと発信基地の電波が弱い状況であることがあります。
アンテナ設置を検討する際には、お住いの地域の電波状況を確認しておく必要があります。

地デジの受信電波が弱くなった

特定のチャンネルが視聴出来なくなった・映りが悪くなったといった不具合が生じた場合、電波状況が弱い事が原因で引き起こされている可能性があります。
ブースターを利用する事で、受信する電波を増し綺麗な映像を視聴する事が出来るようになる事があります。

複数台のテレビを使用したい時

ご家庭で複数のテレビを視聴する際にも、ブースターを使用する事で快適にテレビを視聴する事が出来ます。
複数台のテレビを視聴するには分配器を使用する必要がありますが、それと合わせてブースターを設置する事で、分配して弱くなってしまった電波を増幅させて補う事が可能です。

建物が受信の妨げとなっている

アンテナ設置当初は問題なく視聴できていたのに、近くに大型ビルなどが建ってしまいテレビの映りの調子が悪くなったというケースも多くみられます。
そういった場合もブースターを設置することで問題を解消できる可能性があります。

ブースターを選ぶ時に注意する事

電波の弱さ

ブースターを選ぶ際には、電波の弱さが選ぶ指針となるので現在の電波状況を知っておく必要があります。
電波が弱ければ弱いほど電波の増幅が強いブースターを選ぶ必要があります。

動作利得

動作利得とは、電力を大幅に跳ね上げるブースターの性能のひとつで、㏈(デシベル)といった単位であらわされる数値の事を言います。
例えば20デシベルの場合、ブースターの電力は100倍となり、40デシベルでは1万倍となります。
そのため、何デシベルにするかでブースターの性能がまったく違うものとなると言えます。
動作利得が大きい方が電力が跳ね上がり電波も強くなるため、テレビの映りは良くなるので、ご家庭の電波状況にあったものを選ぶと良いでしょう。
ただし、動作利得を上げてもブースターには電力の上限がある為、限界があることも覚えておきましょう。

雑音指数

雑音指数とは、電波中にどれだけ雑音が含まれているかを指数で表したものを言います。
ブースターを設置する事で電波が増幅されますが、それと同時に電波内の雑音も増幅それていくので注意が必要です。
その為、ブースターを選ぶ際にはなるべく雑音指数の低い物を選ぶことをおススメします。

ブースターの判断は専門業者に任せるのが安心!

ブースターの役割は電波を増幅させるといったシンプルなものですが、それぞれのご家庭の電波状況によっても異なる為、どの選び方が正しいとは一概には言い切れず、ブースター選びは難しいものです。
更に、さまざまなメーカーがいろいろのタイプのものを販売しており、その中から適切なものを選ぶ必要があります。
電波は弱すぎても強すぎても視聴の妨げとなってしまうので、現在の電波状況を理解し足らない部分をブースターで補うことが重要となります。
ブースターはシンプルな機能の製品となりますが、適切な設置には専門的な知識が必要となる事が多く、ブースターの設置自体が必要なのか判断が難しいため、専門業者にまかせるのが安心です。