テレビアンテナの寿命について

近年では、テレビアンテナも様々な種類のものが販売されるようになり、機能性・デザイン性など生活スタイルにあったものを選択出来るようになってきました。
テレビやスマホ、PCなども私たちの生活の一部となり、なくてはならない物となったと言えるでしょう。
それに伴い、アンテナも私たちの生活には必要不可欠な存在となりました。
しかし、新築当初にテレビアンテナを設置する事が多く、その後はアンテナ自体をしっかりと見る事がないため、アンテナの劣化に気付かないケースが多くあります。
近年、テレビの性能は目覚ましい進化を遂げていますが、それと共にアンテナの質もテレビの画質を大きく左右すると言われています。
快適にテレビを視聴する事が出来るよう、テレビアンテナの寿命についてお話ししたいと思います。

アンテナの寿命は?

テレビアンテナは耐久性も強く頑丈に作られていますが、アンテナの寿命は取り付け工事後約10年と言われています。
条件によっては10年を経過しても問題なく使用できる場合もありますが、安全面や画質の事を考えると、10年を経過したら一度メンテナンスをしておくと安心です。
アンテナの寿命は、アンテナを止める針金の素材・屋根の材質など寿命を左右する条件は様々ですが、一番大きな要因は天候によるものだと考えられています。
特に屋根上に設置されているアンテナは過酷な環境にあり、中でも海が近い場所に立つアンテナは海からの塩分によって金属が錆びてしまう為、通常よりも寿命が短くなると言われています。

アンテナ交換のタイミングを確認

突然テレビが映らなくなった・映りが悪くなったなどの不具合が生じた場合は、アンテナの故障が考えられます。
そんな時は、以下の方法でアンテナ工事が必要かどうか判断する事が可能です。

複数のチャンネルで映らない状態?

テレビのチャンネルの中で、どれか1つのチャンネルのみが映らないのか、全てのチャンネルが映らないのかを確認します。
テレビを買い替えたり、設定をリセットした場合には追加でチャンネル設定をしないと正常にテレビが視聴できないケースがあるので注意が必要です。

複数のテレビで映らないか?

家庭に複数のテレビがある場合に、どれか1台でも正常に映るテレビがある場合はアンテナ以外の問題があると考えられます。
テレビの故障・ケーブルの接続部分の接触不良や断線・サビなど原因となり分配器が機能していない可能性があります。
また、掃除の際にテレビの裏の配線されているケーブルが抜けてしまっていたというケースもあるので1度確認してみましょう。

アンテナが傾いていないか?

屋内で上記をチェックしても原因が不明な場合は、外に出てアンテナの状態を確認する必要があります。
台風などで強風が吹いたのちにテレビの映りが悪くなった場合は、外の安全を確認してからアンテナの状態を目で見てみましょう。
アンテナが取り付けられているマストが倒れていたり、ワイヤーが切れて風に揺られている事があります。
アンテナはステンレス製で頑丈に出来ていますが、長い間に歪みが蓄積してしまっていると土台ごと折れてしまう場合があります。

アンテナ本体に破損は?

落雷・大雪による屋根への積雪などの影響で、アンテナ本体が破損してしまうケースがあります。
その場合、テレビが映らないといった不具合だけでなく、高所からのアンテナ落下事故などの恐れがあるため、十分に注意が必要です。
また、屋根に登ってアンテナを確認しようとした際に、屋根を踏み抜いてしまい雨漏りなどに繋がってしまうケースや、転落事故を引き起こしてしまう危険もあるので、アンテナの破損がみられる場合は専門業者に依頼する事をおススメします。