テレビアンテナの設置【新築戸建て編】

テレビを視聴するには、テレビアンテナの設置が必要となりますが、住宅の種類によって設置方法も異なります。
新築戸建てを購入した際のテレビアンテナの設置は、ハウスメーカーや工務店が行うのではなく、ご自身で設備を整えるのが一般的です。
そんな時の参考となるよう、新築戸建てのテレビアンテナの設置についてお話ししたいと思います。

新築戸建てでテレビを視聴するには?

テレビアンテナを設置する

最も一般的なテレビの視聴方法として挙げられるのが、テレビアンテナ設置工事をする事です。
テレビアンテナを設置し、スカイツリーや各種放送局・中継局から発信されているテレビ電波をアンテナで直接受信する方法です。

CATV(ケーブルテレビ)でテレビを視聴する

ケーブルテレビはテレビ電波のような無線とは異なり、有線で繋がる共同受信です。
大きな基地局が受信した電波を同軸ケーブルを通じて各家庭に有線でつなげる事で映像を届ける事が可能となります。
ケーブルテレビで視聴するためには、ご自宅のエリアに対応しているケーブルテレビ局と契約をし、初期工事を行う事で視聴が可能となります。

光テレビでテレビを視聴する

光テレビとは、光ファイバーを使ってテレビの映像をデジタルで送るシステムの事をいいます。
インターネット回線とセットになっており、Wi-Fi環境を整える事が出来、ケーブルテレビのように契約によって視聴できるチャンネルが多くあるのが特徴です。

それぞれのメリット・デメリット

テレビアンテナを設置するメリット・デメリット

メリット

  • 初期費用のみでテレビを視聴する事が出来る
  • 良い画質で視聴する事が出来る
  • 契約プランの見直しやチューナー等のレンタル機器の返送などの手間がない
  • テレビとは別に電話やインターネットなどの回線契約を個別に行う事が出来る為、契約プランに縛られない。

デメリット

  • 台風や雪などの天候・災害の被害を受けやすい。
  • 初期費用が高めである。(平均3~8万円程度)
  • 電波の受信が周辺環境に影響される事がある。

ケーブルテレビで視聴するメリット・デメリット

メリット

  • テレビの受信が天候や周辺環境に左右される事が少なく、安定して視聴する事が出来る。
  • 一部CS放送など、契約プラン次第で好みのチャンネルを視聴することが出来、チャンネル数も多い。
  • テレビだけでなくインターネット回線や電話回線をまとめる事が可能。
  • 屋根上などにアンテナを設置する必要がない。

デメリット

  • 初期費用に加え月額料金が必要となる為、トータルコストが高くなる。
  • インターネット回線が遅いといったケースが多くみられ、通信料が多い作業などを行うには不向きである。(動画視聴や大容量のアップロード・ダウンロードなど)
  • テレビ+ネット回線+電話など、一つにまとめて契約する為、他の良いプランが出た時に契約に縛られてしまい変更できない場合がある。
  • ケーブルテレビ局によって契約プランが異なり、新しいプランや変更などが多いため自分にあったプランを選ぶことが難しい。
  • 全国規模のケーブルテレビ局が少ないため、地域によってサービスの差があるので注意が必要。

光テレビで視聴するメリット・デメリット

メリット

  • テレビの受信が安定しており、天候や周辺環境の影響を受けにくい。
  • 契約プランによって視聴可能なチャンネルが多い為、好みのチャンネルを楽しむことが可能。
  • ケーブルテレビと比べてインターネットの回線速度が速く、快適な環境を整える事が出来る。
  • 屋根上などにアンテナを設置しなくても良い。

デメリット

  • ケーブルテレビと同様に初期費用に加えて月額料金が必要となる。
  • テレビ+インターネット+電話など、セットのプランとなる為、乗り換えが困難。
  • プランの数も多く契約プランによって料金が異なる為、適切な選択が難しい。