テレビアンテナと光テレビ・・・どちらが適している?

近年ではテレビアンテナを設置する方法以外にも、ケーブルテレビや光テレビなど住まいにあったものを選択する事が可能となりました。
サービスが増え選択肢も増えましたが、どのサービスが適しているのか迷ってしまう人も多いのではないでしょうか?
アンテナ設置や契約の参考となるよう、ここではテレビアンテナ・光回線・ケーブルテレビについてお話ししていきたいと思います。

アンテナ設置について

メリット

アンテナを設置してテレビを視聴する場合、最大のメリットは毎月の固定費(維持費)がかからないという事でしょう。
地デジを見るには地デジ用のアンテナ・BS放送やCS方法を見るにはBS/CSアンテナが必要となりますが、設備が整えば月々に支払うお金は必要ありません。
(視聴にはNHK受信料や衛星放送受信料などが必要となりますが、光回線やケーブルテレビでも同様に必要となります。)

デメリット

アンテナ設置をする際のデメリットとしてあげられるのは、アンテナ設置にかかる初期費用が必要となる事が挙げられます。
アンテナによって費用は異なりますが、一般的に地デジ用のアンテナ約4000円~10000円、衛星放送(BS・CS)のアンテナ約8000円~13000円が必要となります。
また、アンテナ工事を専門業者に依頼した場合の、地デジアンテナのみだと3~4万円、地デジと衛星放送(BS・CS)アンテナがセットの場合は5~6万円、地デジと4K8K衛星放送対応(BS・CS)のセットの場合は8~9万円が相場となっています。
月々に支払うお金は必要ありませんが、アンテナ設置に初期費用が必要となるので注意が必要です。
他にも、家の周囲にマンションや高層ビルなどの高い建物が建っている場合は、テレビ電波の受信状況に影響を与えてしまい、場合のよってはテレビの映りが悪いなどの症状が出てしまうケースもあります。

光回線について

メリット

光回線のメリットは、インターネットの高速通信が可能であることが挙げられます。
光回線では1Gbpsを超える回旋スピードが一般的なのに対し、ケーブルテレビでは120.Mや320Mコースなどが一般的となっており、圧倒的に光回線が有利と言えます。
近年ではテレビやPC・スマホなど様々な端末で動画サービスを楽しむ人も増え、ストレスなく動画を楽しむ事が出来る光回線を選択する人も増えています。

デメリット

光回線を検討する際に注意する事が、光回線は提供エリアだけどテレビを視聴する事が出来るフレッツ・テレビはエリア外という地域が多くある事です。
お住いの地域によっては、光回線によってテレビを視聴する事が出来ない可能性もあるので、事前にお住いの地域がエリア内であるか確認しておく必要があります。
また、光回線では提供する会社と契約し月々の支払が必要となります。
提供する会社によって料金設定が異なり、スマホの契約などをまとめる事でお得になるプランもあるので、どのサービスが適しているのか比較してから契約するのが良いでしょう。

ケーブルテレビについて

メリット

ケーブルテレビは地元に根差したテレビ会社が多くある為、全国の広いエリアでケーブルテレビを利用する事が可能です。
地デジに変わる前からケーブルテレビをずっと利用しているという人も多いのではないでしょうか。
また、ケーブルテレビではテレビチャンネルが充実していることもメリットの一つです。
契約によって地デジ・BS放送以外にも、映画や海外ドラマ・アニメ・音楽など色々なジャンルの専門番組を楽しむことが可能です。

デメリット

ケーブルテレビは光回線に比べてインターネットの速度が遅い傾向にあるので、ご自宅で動画を視聴する事が多い場合は不向きと言えます。
しかし、インターネットを時々使用するなど、回線の速度を重要視しないという場合は、インターネットを楽しみつつテレビ視聴も手軽に問題なく出来ます。
また、ケーブルテレビを視聴するには専用のSTBが必要となり、ケーブルテレビの会社からレンタルする必要があります。