アンテナ選びに重要な「電界強度」とは?

アンテナの種類について

アンテナ工事や修理について調べていると「電界強度」という言葉を目にすることがあるでしょう。魚の骨の形をした「八木式アンテナ」とデザイン性に富んだ「壁面(デザイン)アンテナ」のどちらを設置しようかと迷った時にもこの「電界強度」が選択に影響してくることがあります。地デジアンテナを設置する際に必要な「電界強度」についてみていきましょう。

「電界強度」とは?

「電界強度」とはアンテナを設置している建物がある地域に届いている「放送電波の強さ」を表したものです。地デジを視聴するためには、放送電波の発信所・送信所から送られる放送電波をアンテナで受信する必要があります。放送電波は

  • 電波の発信所・送信所から受信機(アンテナ)までの距離
  • 発信所・送信所と受信機の間にある障害物

などによって強度に違いが出てきます。
電界強度によって「強電界地域」、「中電界地域」、「弱電界地域」と大きく3つに分けられることがあります。発信所と受信機の距離が近い場合、電波を妨害するような高い建物や山などがない場所では多くの場合は電界強度が強くなります。逆に送信所から離れていたり、高さのある建物に囲まれた地域は電界強度が弱くなるということです。弱電界地域では、テレビ画像が乱れたり、ノイズが入ったりといった視聴トラブルが起きやすくなります。

「電界強度」に合わせたアンテナ選び

電界強度が弱い地域にお住まいの場合でも、強度に合わせたアンテナ選びをすれば問題なくテレビを楽しむことができます。

八木式アンテナ

屋根の上に設置されている魚の骨状のアンテナが「八木式アンテナ」です。一般的に多くのご家庭で使われてきたアンテナですが、屋上や屋根の上など遮る物の少ない高い場所に設置されるため、電界強度の弱い地域での設置に適したアンテナと言えるでしょう。

壁面・デザインアンテナ

住居の壁などに設置するアンテナで、薄い長方形の箱型で壁の色や好みに合わせてカラーも選べるために、デザイン性に優れていて人気の高いアンテナです。低い壁や屋根の内部に取り付けた場合は、屋根の上に取り付ける八木式アンテナに比べると電波を受信しにくいため、電界強度の弱い地域での使用には注意が必要です。
この他にも、1人暮らしなどでよく使われる設置工事の必要がない室内アンテナは電波の受信が不安定なため、電界強度の弱い地域での使用ではトラブルが生じる可能性が高くなります。

「電界強度」の調べ方について

自宅のある地域について、正確な電界強度を知りたい場合は専門業者に依頼して調査してもらう必要があります。新しい住まいや土地を探している途中など、その地域の電界強度が知りたいという場面も出てくるでしょう。その場合は電界強度の目安として、その周囲の住宅に設置されている「アンテナ」に注目してみて下さい。

  • 周囲の住宅の屋根に設置されている八木式アンテナの素子(魚の骨状の棒)の本数が14本程度であれば強電地域、20本程度の場合は中電界地域、26本程度の場合は弱電界地域の可能性が高くなります。
  • 壁面(デザイン・フラット)アンテナが多かったり、小さなアンテナ(八木式アンテナで素子本数が14本程度)を設置している住宅が多いと感じる地域は強電界地域であると予想できます。

新築した住まいにアンテナを設置する場合は、特にデザイン重視でアンテナを選びがちです。設置後の視聴トラブルを避けるためには、電界強度の弱い地域では強度に適したアンテナ選びも必要です。アンテナ工事の専門業者に依頼することで、設置地域に確実に対応できるアンテナ選び、確実・安心な設置工事が可能になります。