テレビ専用のコンセントがない部屋

「今まで使っていなかった部屋を息子の部屋にしよう」
その部屋にはテレビ専用のコンセントがありますか?
「テレビ専用コンセントの設置がないが、賃貸住宅なので仕方がない」「家を建てる時に付け忘れてしまったのでこの部屋ではテレビを見ない(見ることができない)」などとテレビを見ること自体をあきらめてしまっていませんか?テレビ専用コンセントがない場合でも少しの作業によりテレビを見ることが可能になります。

テレビ電波受信の仕組み

送信所から送られてくるテレビ電波(映像データを電波に変換したもの)はそれぞれのご家庭の屋根やベランダに設置されたアンテナで受信されます。アンテナで受信したテレビ電波を映像データに戻すために必要になるのが「テレビ専用コンセント」です。このコンセントがアンテナから伸びたケーブルとテレビ本体から伸びるケーブルを繋ぎ、アンテナで受信したテレビ電波が再び映像データに変換されることで、テレビ番組の視聴が可能になります。映像データに変換するためのテレビ専用コンセントがない部屋ではテレビの視聴ができないのです。

専用コンセントを増設する

テレビ専用コンセントは増設することができます。コンセントを増設することのメリットとして

  • 増設されたコンセントとテレビをつなぐことですぐにテレビを見ることができる
  • 電波の強度を心配しなくてもいい
  • お部屋がすっきりと使える

などがあります。
一戸建てか、マンションなどの集合住宅か?テレビアンテナから新規のケーブルを引いてコンセントを増設するのか?テレビアンテナと増設するコンセントとの距離(1階か2階か、間に壁が何枚あるか)などによって増設工事の費用は変わってきますが、工事自体は1時間から2時間程度で完了します。
コンセントの増設工事は電気工事は資格を持った者以外の施工ができません。増設工事をお考えの場合は、アンテナ工事の専門店にご相談下さい。

専用コンセントの増設なしでテレビを見る

テレビ専用コンセントを増設せずにテレビを見ることも可能で、いくつかの方法が考えられます。

分配器の利用

テレビ専用コンセントに分配器を取り付けると、1つのコンセントに2台のテレビケーブルを接続できるようになります。専用コンセントが設置された部屋のコンセントに分配器を備え付ければ、一方のケーブルにその部屋のテレビを繋ぎ、もう1方のケーブルをテレビ専用コンセントのない部屋まで伸ばすことでコンセントのない部屋でもテレビの視聴が可能になります。

分配器を利用すると専用コンセントの設置のような工事は必要なく、延長ケーブルと分配器の準備ができれば誰でにでも簡単に設置ができます。ただし、テレビアンテナが受信したテレビ電波を2つに分割することで電波の勢いが弱まって映像の乱れや画質の低下が生じることがあります。
電波の勢いを強めるにはブースターと呼ばれる装置を使いますが設置、調整などブースターの扱いが容易ではありません。

アンテナからの新たなケーブルを引きこむ

屋根やベランダに設置してあるアンテナに新しくケーブルを取り付けて、そのケーブルを専用コンセントのない部屋に引きこみ、テレビに接続すると専用コンセント、分配器がなくてもテレビの視聴ができます。
アンテナに取り付けたケーブルを室内に引きこむためにはいくつかの方法が考えられています。

  • エアコンの室内機と室外機をつなぐダクトの中にケーブルを通して引きこむ
  • 薄型のケーブルで窓と窓枠のすき間から引きこむ

アンテナから直接ケーブルを伸ばすので電波の勢いを気にすることもなく、部屋の位置にも関係なく利用できる点がメリットと言えるでしょう。

コンセントの増設は資格を持った専門業者にしかできません。アンテナ工事、アンテナ専用コンセントなど心配事やお困りごとは確かな実績のアンテナ工事専門店にご連絡下さい。