引っ越しする時は気をつけたい!テレビのアンテナ工事について

賃貸や分譲に関わらず、集合住宅から集合住宅へ引っ越しする際はテレビのアンテナを個人的に設置しなくても、配線を整えれば共有のアンテナから地上波デジタル放送は問題なく視聴できる環境にあることがほとんどです。

しかし集合住宅から一戸建てへ引っ越しをする際は、新たにアンテナを設置するかケーブルテレビを契約する、あるいはインターネット回線を契約しなければテレビを観ることができません。
反対に、一戸建てから集合住宅へ引っ越しをする場合は、アンテナを取り外す工事を行うか、あるいは次に住む人との話し合いができるのであればそのまま残すという方法になります。

いずれにしても、引っ越しと同時にテレビの視聴環境を整えたい時は事前の準備と情報収集が必要です。

引っ越しをするならテレビのアンテナは絶対に必要?

引っ越しをした先が一戸建てで、前に住んでいた人がアンテナを設置したままにしてくれている場合は、配線を整えるだけで従来の地上波デジタル放送は視聴できます。
しかし新築の場合は最初からアンテナの設置まで依頼している場合を除いて、テレビの視聴環境は自分で整えなければいけません。

選択肢としては主に3通りあります。

  1. アンテナを設置する
  2. ケーブルテレビの契約をする
  3. インターネット光回線を契約する

アンテナはその住戸の向きによっては、従来の八木式アンテナのように存在を主張するものではなくデザインアンテナをコンパクトに設置することもできます。
最近ではデザインアンテナも可動式のマストに取り付けられるものもありますので、周囲の電波状況を専門の業者にチェックしてもらい、外観とマッチするアンテナを選ぶのも一戸建てならではの楽しみ方ですね。

アンテナの設置ではない方法では、ケーブルテレビかインターネット回線を契約する方法があります。
家屋に負荷をかけないという意味では、ケーブルを繋ぐだけで地上波デジタル放送、ケーブルテレビ各社の番組を視聴できるようになるので手軽です。
しかし月々の利用料金は発生するので、長い目で考えると最初に工事をしてアンテナを設置してしまった方がお値打ちに済むとも言えます。
インターネット回線の場合は、インターネットの接続状況に左右されるので周囲のビルや建物から影響を受けて視聴が不安定になる可能性も視野に入れておきましょう。

引っ越した先で4K8K放送を観るには?

何もアンテナのない状態からスタートするなら、4K8K放送対応の右左旋両用アンテナを設置するのが一番スムーズでしょう。
その場合、今まで使用していたテレビが4Kか8Kの画質のものであり専用チューナーが内蔵されている、または後付けすればそのまま使用できます。
地上波デジタル放送は見られるアンテナが既に取り付けられている場合は、左旋を受け取れるアンテナが必要になります。
そしてアンテナだけでなく、接続端子や分配器、ケーブルなども4K8K対応の製品に取り替えなければなりませんので注意しましょう。

現在、ケーブルテレビでも6つの4K放送が視聴できるようになっています。

まとめ

引っ越しの際に気をつけたいテレビのアンテナ工事は、特に新築の一戸建てに引っ越しをする時で、どの工事業者を選ぶかによって相場を知っておかないと工事費が上乗せされているケースもあるので注意して見ておきたいところです。

引っ越しのタイミングで4K8K放送を視聴する環境を整えたい時は、専用の右左旋両用アンテナと4K8K放送対応のテレビとチューナーを揃えれば最初から配線も専用の配線工事をしてもらえるのでとてもスムーズです。

またケーブルテレビでも6チャンネルは4K放送を視聴できるので、地上波デジタル放送と一部の4K放送を楽しむことができます。
もし今お使いのテレビが2K放送対応のままであれば、視聴はできるものの画質としては2Kのままであることをお忘れなく。