BSアンテナと地デジをセットで工事するのがお得!?

通常の地デジを視聴するにはテレビアンテナの設置が必要となりますが、BSアンテナを設置するか悩んだ経験のある人は多いのではないでしょうか?
BS番組が好き!という人は悩まず設置するかと思いますが、そうでない方は設置するべきなのか悩んでしまいますよね。
後々BSアンテナを設置すれば良いと考える人も多いかと思いますが、実はBSアンテナと地デジをセットで工事することで、単体工事で行うよりも費用や手間を抑える事が出来ます。

地デジとBSの違い

地デジとBSという言葉はよく耳にしますが、一体何が違うのでしょうか?
地デジとBSの違いは、発信された電波がどこを中継して視聴者のもとに届けられるか、というところに違いがあります。
地デジは「地上波」の名の通り、地上に設置された放送局から電波が発信されています。
対してBSは「衛星放送」となり、テレビ放送専用に打ち上げられた人工衛星から電波を発信しています。
その為、地デジは地上に設置された放送局から電波を発信していることから受信可能な範囲が限られてしまいます。
受信可能な範囲を広げる為に、各地に電波を中継する放送局を設置しているものの、障害物などが原因で電波を受信できない地域が発生してしまう事があります。
一方で衛星放送は、宇宙から地上に降り注ぐように電波が発信されている為、離島や山奥でも受信環境さえ整っていればどこでも視聴可能という優れものです。
地デジとBS放送では、他にもサービス内容等の違いがありますが、それぞれに魅力があると言えます。

地デジアンテナ

近年では地デジアンテナの種類が増え、従来のものからデザイン性の高い物まで様々です。
屋根上に設置するものや壁面に設置するものなど、用途と電波状況にあったものを選択する事が出来ます。
地デジ電波の受信状態は、電波塔との方位角や受信地域との距離によって異なるので、電波の受信状態を確認しておく必要があります。

BSアンテナ

BS放送を視聴する為には、お皿の形をしたBSアンテナを設置する必要があります。
その特徴的な形から、風に弱いという欠点がある為注意が必要です。
一般的に高い場所に取り付ける事が多く、強い風が吹いた場合に壊れてしまうケースもあり、取り付け工事をする際にはしっかりと固定する必要があります。
BSアンテナを設置する際には、しっかりと電波を受信する為にもアンテナの方向に気を付けなければなりません。
隣の家が電波の受信を阻害してしまう可能性もあるので、そのような場合はどこに取り付ければ良いのか業者の方とよく相談してから取り付けると良いでしょう。

BS/CSを視聴している世帯の割合

BS/CSを視聴するか悩む人も多いかと思いますが、実際にはどのくらいの割合で視聴しているのでしょうか。
総務省の資料によると、平成28年時点で71.7%の世帯がBS/CSを見ることの出来る環境にあると発表しています。
近年では、東京オリンピック・パラリンピックに備えてBSアンテナを設置する人も多く見られます。
オリンピック・パラリンピック・ワールドカップが近づくと、地デジとBSをセットで工事する注文が増える傾向にあり、今後のイベントに備えてBS放送を視聴できる環境を整えておくのも良いですね。

セット工事がおススメの理由

設置費用

一般的に、BSアンテナ設置工事を単体で行う場合は、地デジとセットで行う工事より手間と費用がかかる事となります。
その為、地デジ工事とBS設置工事を別々の日程で行う場合は、出張費・作業費等が重複して発生してしまい、最低でも1万円ほど余分にかかってしまうのが一般的です。
一方で、セット工事の場合は電波調査・設置場所の判断等の一部をまとめて行う事が出来る為、重複する事がなくお得となります。
アンテナ工事をするタイミングは、新居への入居・転居や転居作業や各種工事で忙しく、「BSは後で考えよう・・・」と思いがちですが、地デジとBSアンテナをセットで設置する事も検討してみてはいかがでしょうか。