アンテナの設置場所について

毎日あたり前のように見ているテレビですが、テレビを視聴する為にはテレビアンテナの設置が不可欠です。
ケーブルテレビを選択していな場合の多くは、アンテナを設置し無線でテレビを見ているケースがほとんどです。
しかし、テレビアンテナと言ってもその種類はいくつもあり、近年ではデザイン性の高いものも多くみられるようになってきました。
更に、アンテナとレーダーに違いがあるように、目的や環境に合わせて設置しなければテレビを視聴する事が出来ません。
用途に合わせてアンテナを選ぶことが出来るよう、アンテナの設置場所についてお話ししていきたいと思います。

アンテナの設置場所

戸建て住宅に設置する場合

まず初めに、ご自宅の電界強度を調べる必要があります。
もしも電波の受信状況が悪い場合、その地域は電波の増幅が必要なブースター地域の可能性があります。
その場合はより高感度のアンテナを選ぶ必要があり、ボックス型アンテナや激安製品などでは、テレビの映りが悪くなってしまう恐れがあるので注意が必要です。
また、長期間にわたって錆止めの効果を発揮する亜鉛ドブメッキを施すのもおススメです。
アンテナの取り付け金具であるクロスマウントも、スチール製のものよりステンレス製クロスマウントにし、アンテナケーブルをネジ式にすることで接触不良が起きにくく耐久性を強化する事が可能です。

集合住宅に設置する場合

集合住宅では、共同のアンテナを設置している場合もありますが、各お部屋でアンテナを設置しなければならないケースもあります。
その際におススメなのが壁面専用の壁面アンテナです。
壁面アンテナは、従来の屋根上に設置する魚の骨のような形をした八木式アンテナと比べると、小型かつ軽量の為マンションなどの限られたスペースでも設置が容易なのが特徴です。
BS/CSアンテナや電源分地型のブースターは通電が必要となりますが、共同の通信システムが用意されている場合は個人での対策は行わなくても大丈夫です。

アンテナの種類

八木式アンテナ

従来の魚の骨のような形をしたアンテナで、「素子」という部分を使って受け取る電波を調節します。
向きを指定できる指向性のアンテナである為、向きや素子の本数を調節する事が出来、腱距離からの受信が可能となります。

パラボラアンテナ

別名「ディッシュアンテナ」とも呼ばれる、お皿の形をしたリフレクタと腕のようなコンバーターアームを持つアンテナです。
一般的によく見られる、衛星放送を受信する為の家庭用のパラボラアンテナは小型のものが多いですが、通信衛星と直接送受信を行う物は数十メートルにも達します。

ボックスアンテナ

八木式アンテナと同じように、テレビ放送の受信に用いられるアンテナです。
ボックスタイプは設置やメンテナンスが容易というメリットがありますが、電波の弱い地域では受信が難しいケースもあるので注意が必要です。

ダイポールアンテナ

直訳すると「2極のアンテナ」となり、最も構造がシンプルなアンテナです。
アマチュア無線用のアンテナとして自作される事も多いです。

ロングワイヤーアンテナ

その名の通り長いワイヤーを使用したアンテナで、主に長波から短波に利用されます。

モービルホイップアンテナ

車載用の無指向性の単一型(棒状)アンテナです。
特徴として、設置場所が自由に選べる点が挙げられますが、その反面、ノイズを拾いやすいというデメリットがあるので注意が必要です。

ループアンテナ

導線を環状に巻いたアンテナで、その長さは1波長とするのが基本の構造となっています。

広帯域受信機

幅広い電波を聞くことが出来る機器で、盗聴器の発見などに利用される場合もあります。