デザインアンテナの設置場所は?

テレビを視聴する為にはアンテナを設置する必要がありますが、近年話題となっているデザインアンテナをご存知でしょうか?
テレビアンテナと聞くと、従来の屋根上に設置する魚の骨のような形のアンテナを思い浮かべる人が多いかと思いますが、デザインアンテナは従来のアンテナとは異なり建物の外観を損ねない事から人気となっています。
更に、デザインアンテナは屋根上ではなく壁面などに設置する事が出来るのも特徴です。
そんなデザインアンテナの設置場所についてお話ししていきたいと思います。

デザインアンテナと通常のアンテナとの違い

一般的によく見かける八木式アンテナは、屋根の上に設置する魚の骨のような形をしたテレビアンテナです。
八木式アンテナは直接屋根の上に設置できることから、受信感度が非常に良好である点が最大のメリットと言えます。
受信電波の弱い弱電界地域であっても、素子と呼ばれる短い骨の数を増やす事で受信感度の上昇を可能に出来ます。
アンテナ自体の価格も比較的安価で、電波状況が良好でブースターの設置が必要ない状況であれば、工事費全体を抑える事が可能です。
また、アンテナの向きが自由に調整出来るので、設置場所も比較的自由に選ぶことが出来るのも特徴です。
しかし、八木式アンテナは重量が重く、天候の影響を受けやすいというデメリットがあります。
他にも、住宅の外観を損ねてしまうというデメリットから、他のアンテナを検討する人が増えています。
一方で、デザインアンテナの最大のメリットは見た目のスタイリッシュさと言えます。
特に新築を建てたばかりの人の需要が高く、外観が非常にスッキリする事から人気となっています。
八木式アンテナの場合は、屋根上に設置することからカラスの被害や雪・台風によってアンテナが落下してしまうなどの被害を受けるケースがありましたが、デザインアンテナの場合は形状からそういった被害を受けにくく、設置後に故障しづらいのも特徴と言えます。
デザインアンテナのデメリットとしては、八木式アンテナと比べて受信感度がやや低い事と価格が高めであることが挙げられます。
近年デザインアンテナの人気が高まっている理由として、多くの地域で電波状況が改善され、受信強度の弱さがデメリットとなっていましたが、現在では十分に受信できる環境が整ってきている事が背景にあると言われています。

デザインアンテナの設置場所

外壁

外壁に取り付ける際には、壁面にビスを打ち込んで金具を取り付けます。
ビスを打ち込んだ箇所には、落下防止と防水の為のコーキング材を注入して補強します。金具にデザインアンテナをはめ込み、ボトルを締めて完成となります。
設置には危険作業が伴いますが、施工は比較的簡単で建物に与えるダメージは最小限と言えます。

ベランダ

ベランダに設置する際は、ベランダの強度と電波状態を調べながら作業していきます。
アンテナの向きや周囲の建物・庭木などの障害物との関係を微妙に調節していきながら、アンテナを固定していきます。

アンテナマスト

住宅密集地では障害物が多く、取得できる電波が「反射波」だけの場合があります。
反射波とは、周囲の建物や障害物に反射して得られる電波の事を言い、電波塔から直接受信するものよりもレベルが落ちてしまいます。
その為、高い電波を得るために突き出し金具用いて壁面からアンテナマスト(ポール)を突き出させ、旗のようにデザインアンテナを設置するケースがあります。
電波を反射している建物がなくなった場合でも、アンテナマストを動かせば可動域が360度になるので、自在にアンテナの向きを変える事が可能です。

屋根裏

屋根裏に設置する際には、屋根裏に上るための点検口が必要となります。
そこから屋根裏に上り、電波状況を調べます。
屋根や壁が電波の邪魔をしてしまうケースがあり、電波が弱い場合にはブースターを使って強くします。
室内に入れてしまえば、建物の外観を損なうことなく工事を安全に行う事が出来、時間も短縮できます。