室内アンテナについて

テレビを視聴するにはアンテナの設置が必要となりますが、アンテナと聞くと屋根の上に設置するものを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。
実は、地デジを見る為に必要なアンテナはいくつかの種類があり、その一つに室内アンテナというものがあります。
設置が簡単な事で選択する人も多い室内アンテナですが、屋根上につけるアンテナに比べると性能が劣るのでは…と不安に感じる声も多いようです。
室内アンテナについてきちんと理解して検討出来るよう、室内アンテナのメリット・デメリットについてお話ししていきたいと思います。

室内アンテナとは

室内アンテナとは、一般的な屋根の上に設置されるものとは違い、箱のような形状のもので室内に設置するタイプのものを言います。
工事が必要となる屋根上につけるタイプのものと違い、取り付けが簡単なことから初心者でも取り付ける事が可能と言われています。
屋根上にアンテナを取り付ける事が出来ない場合など、様々な理由から室内アンテナを選ぶ人が近年増えています。

室内アンテナのメリット

景観を損なわない

室内アンテナは小型で場所をとらないというメリットがあります。
一般的な屋根上につけるアンテナは家の景観を損ねる・・・という理由から他のアンテナを選択する人も多く、室内アンテナであれば外から見た時にアンテナ・配線などが見えないので景観を重視する人にはおススメです。

設置が簡単

室内アンテナは一般のアンテナと比べて取り付けは配線工事が簡単なのもメリットとして挙げられます。
屋外にアンテナを設置する際には、アンテナ配線のケーブルや分配器などが必要となる場合がありますが、室内アンテナの場合簡単に設置する事が出来ます。

メンテナンスが楽

屋外にアンテナを設置する場合、どうしても台風や地震などの自然災害の影響を受ける可能性が高いです。
その点室内アンテナは屋内にある為、比較的自然災害などの影響は少ないと言えます。
他にも、アンテナが傾いてしまったり破損してしまって場合にはその都度、修理が必要となりますが、室内アンテナの場合は天候に左右されず取り掛かる事ができます。

アンテナ自体が手に入りやすく低価格

室内アンテナは、ホームセンターやインターネットで購入する事が出来、手に入りやすいのも特徴です。
価格も比較的手を出しやすい金額のものが多く、すぐアンテナを手に入れたい、コストを抑えたいという人にはおススメです。

室内アンテナのデメリット

電波が悪いことがある

屋外に設置するアンテナと比べると、電波が弱いという点が挙げられます。
その為、お住いの地域の電波状況によっては取り付けても視聴できないケースがあります。
設置後に、設置した時は映っていたのに急に特定のチャンネルが見られなくなってしまったというトラブルもあるので注意が必要です。
その原因としては、あまりにも安い室内アンテナを選んでしまうとトラブルに繋がる事が多いと言われており、室内アンテナを設置する際は、アンテナのスペックを確認するなど、慎重に選ぶ必要があります。

受信できない可能性がある

室内アンテナを設置するデメリットの一つとして、室内アンテナを設置したからといって必ず映る保証がないという点が挙げられます。
設置状況によって電波状況は様々で、設置場所によっては受信できない可能性があると言われています。
受信できるか確認する方法として、ワンセグテレビが映るか、フルセグ受信ができるかカーナビを用いて調べる、賃貸の場合は室内アンテナの有無を管理会社に確認するといった方法がありますが、確かな確証は得られません。

注意すること

購入時

室内アンテナを購入する際は、電波の感度を高めるためのブースター内蔵のアンテナを選ぶのがおススメです。
他にも軽量タイプなど、種類が豊富なのでレビュー等を参考にするのも良いかもしれません。

設置時

窓際に設置する場合は、鉄線入りの窓ガラスがあるとガラスが電波を遮断してしまう可能性があるので注意が必要です。
また、高い場所の方が受信感度が良い為、設置時に意識してみると良いでしょう。