新築住宅のテレビアンテナの設置方法

新築で家を建てる際には、テレビの視聴をする為にテレビアンテナの設置が必要となります。
従来までは、テレビアンテナは屋根上に設置する方法しかありませんでしたが、近年ではアンテナの種類も増え、光回線やケーブルテレビなどの選択も可能となりました。
これから新築住宅の建設を検討される方の参考になるよう、新築住宅のテレビアンテナの設置方法についてお話ししたいと思います。

テレビを視聴する方法

テレビアンテナを設置する

一般的で、多くの人が選択している方法です。

メリット

  • 維持費がかからない
  • 従来の屋根上に設置する魚の骨の形だけでなく、壁面などに設置するタイプがある。

デメリット

  • 初期費用が必要
  • 災害などに故障した場合は新しく設置が必要
  • 故障した際は修理費用が必要
  • 天候などの影響を受け、映りが悪くなることがある
  • 衛星放送は別途契約が必要

光回線を契約する

インターネット回線を利用してテレビを見る方法です。

メリット

  • アンテナの設置が不要
  • 衛星放送の視聴が可能
  • 通信速度が速い
  • 契約内容によっては、インターネット・電話・テレビで料金をまとめる事が出来る
  • テレビだけでなく、快適なネット環境を手に入れられる

デメリット

  • 初期費用に加えて、月々一定額費用が必要となる
  • インターネットと電話回線・テレビは同じ会社でなければ料金をまとめられない

ケーブルテレビと契約する

ケーブルテレビ業者と契約し、チューナーまたは地デジ対応テレビに接続する方法です。

メリット

  • アンテナの設置が不要
  • 衛星放送の視聴が可能
  • インターネット・電話回線と料金をまとめる事が出来る
  • チャンネル数が多い

デメリット

  • 初期費用に加えて月額料金が必要
  • 業者によって料金プランが異なり、選択するのが難しい

費用について

アンテナ

テレビアンテナは設置する際に初期費用が必要となりますが、その後のメンテナンスにはほとんどお金がかからない事が多いです。
しかし、故障してしまった時には修理・新しいものを設置する必要があり、その都度費用がかかるので注意が必要です。
屋根上に設置した場合は、台風などで強風の影響を受けやすいため故障のリスクが高くなります。
近年では、屋根上アンテナではなく壁面アンテナ・室内アンテナを選択し、影響を受けにくい場所に設置する方法が多く採用されています。

光回線

豊富なサービスや、快適なインターネット環境が手に入れられるのが最大のメリットです。
しかし、月額料金がかかることから、長期的な目線で見るとアンテナ設置に比べて価格が高くなる傾向がある為、自身の生活スタイルにあった選択をする事が大切です。
業者によっては、定期的にキャンペーンなどを行っており、お得に契約する事が出来るケースがあるので、検討される方は事前に調べてみる事をおススメします。

ケーブルテレビ

内容については光回線とよく似たものとなりますが、地域によっては適応されない場合があるので注意が必要です。
ケーブルテレビを検討する場合は、事前に受信地域であることを確認してから契約すると良いでしょう。

設置する前に知っておきたい事

アンテナの保証の確認を

アンテナは設置したら終わりではなく、その後も安全に設置されている必要があります。
災害時に破損したり、強風で落下してしまった場合は修理・交換費用が必要となりますが、故障しても保証が有効であれば、費用の負担を軽減する事が可能となります。

工事の依頼は余裕をもって

引っ越しをしてからアンテナ工事の手配をすると、引っ越ししてからしばらくテレビが見られない状況となってしまいます。
希望する日に工事をしてもらえる確証はないので、引っ越し前に日程を組んでおくと安心です。