「テレビが映らない!」 慌てずに対処するために

「家族でテレビ番組を楽しんでいたら急に画面が真っ黒になってしまった」
「一人暮らしを始めたばかりなのに、テレビが映らなくなって不安で仕方がない」
毎日の暮らしの中に当然のようにあったテレビが突然に映らなくなると、その対処に慌ててしまわれる方も少なくないようです。テレビが映らなくなった時、画面にエラーメッセージが表示された時、テレビに何が起こっているのか、元に戻すためにはどうすればいいのかを事前に知っておくと慌てずに対処することができます。

画面に何の表示もなくテレビが映らなくなった場合

以下の確認をしても映らない場合はテレビ本体の故障が考えられます。

①テレビの電源

  • テレビの電源がオフになっていないか
    (リモコンをペットが踏んでいたというケースがあります)
  • テレビの電源コードがコンセントから外れていないか
    (電源コードをさしているコンセントで他の電化製品が動く場合、テレビの電源コードの断線が考えられます)
  • 電気のブレーカーが落ちていないか?
    (室内の他の電源は使えても、テレビだけが個別ブレーカーになっている場合もあります)

②テレビの設定

  • テレビの主電源が入っているか
  • 少し前のテレビ機種を使っている場合、誤って「アナログ」ボタンを押していないか→リモコンで「デジタル」に切り替える

③テレビと周辺機器の接続

ケーブルテレビを利用している場合はケーブルテレビのセットトップボックス、またDVDなどとつないでいる場合はそうした周辺機器に電源が入っているか、周辺機器とテレビの配線が抜け落ちていないかを確認

テレビにエラーメッセージが表示された場合

表示されるエラーコードによって、テレビが映らない原因を知ることができます。

□1B-CASカードに関するエラー(E101 E102)

B-CASカードが正しく挿入し直します。また、カードが汚れている場合にエラーが出ることがあるのでテレビの電源をすべて落としてからカードを抜き、裏面のICチップ部分を柔らかい布などで拭いて再度正しく挿入し電源を入れます。表示が消えない場合はカード自体に不具合の可能性があるため、B-CASカスタマーセンターに連絡します。その際はカードに表示されている20桁のB-CASカード番号が必要になります。

□2チャンネルに関するエラー(E103 E200 E203 E204 E205)

契約をしていない有料チャンネルで表示されるエラーです。契約しているにも関わらず表示される場合は契約状況を確認して契約先にお問い合わせください。

□3天候についてのエラー(E201)

暴風雨など天候の影響で電波が弱くなり、受信レベルが切り替えられた時に表示されます。画質や音質が低下し、番組によっては視聴できなくなることがあります。天候の回復で元に戻ります。

□4通信状況に関するエラー(E400 E402)

中継局側に問題が発生した際に表示されます。多くは一時的な不具合で、間もなくして元に戻ることがほとんどです。

□5設置機器に関するエラー(E202 E209)

E202は信号が受信できない、E209は衛星アンテナのケーブルがショートしていることを知らせています。まずは上記「画面に何の表示もなくテレビが映らなくなった場合」のチェックをしましょう。表示が消えない場合は機器の故障や破損が考えられるのでアンテナ修理専門業者に点検を依頼をして下さい。

アンテナに故障や破損がある場合

「BSは視聴できるが、地デジだけが映らない」という場合は、地デジの電波を受け止めるアンテナの感度の問題が考えられます。アンテナの受信レベルはリモコンでも確認できますが、電波が弱すぎても強すぎても不具合が起こります。また、アンテナの損傷・倒壊、分配器やブースターの故障、ケーブルの断線などによってテレビが視聴できなくなることもあります。こうした場合は個人での対応は難しいので、アンテナの設置を依頼したアンテナ専門業者に連絡しましょう。