地デジの受信電波が弱い時の救世主!テレビブースター

4Kから8Kへテレビの進化は著しく、どんどん高画質化が進んでいます。
しかし、新型モデルに買い替えたにも関わらずテレビの映りが悪いというケースがあります。
いくつかの原因が考えられますが、「受信電波の弱さ」が原因の場合は、テレビブースターを導入する事で問題が解消する可能性が高いです。
複数台のテレビとレコーダに電波を分配している方や、田舎や山奥に住んでいて電波が弱い方にもテレビブースターを導入する事で受信電波強化に繋がります。

テレビブースターとは?

テレビブースターとは、テレビの放送電波を増幅する機器の事を言い、主に電波の届きにくい山間部や海辺などで使われています。
テレビブースターには屋内用・屋外用、地上デジタル放送用などの様々なタイプがあり、その状況によって適切なものを選ぶことが重要となります。
多くの場合は、電波の受信状態によって使い分けますが、屋内用ブースターは工事費を抑えやすいというメリットが挙げられます。
しかし、ブースターとしての性能は屋外ブースターに比べると劣ると言われており、屋内用ブースターを使用する場合は、少しだけ補強したいという場合に使用されるのが一般的です。
その為、受信電波が著しく弱い場合は屋外用ブースターを選ぶと安心です。

テレビブースターが必要な場合とは?

発信基地の電波が弱い場合

もともと発信基地の電波が弱い地域にお住いの場合は、ブースターの設置が必要となります。

地デジの受信電波が弱くなった時

特定チャンネルの視聴が出来なくなった・映りが悪くなったという症状が現れた場合には、受信電波が弱い事が原因の可能性があります。
ブースターを導入する事で受信する電波を増幅し、きれいな映像を視聴する事が可能になります。

複数台のテレビを使いたい時

ご家庭で複数のテレビを視聴したいという場合にもブースターが必要になるケースがあります。
複数台のテレビを視聴するには分配器を使用しなくてはなりませんが、それに合わせてブースターの設置も必要となります。
分配器で電波を分配すると弱くなってしまうので、ブースターで電波を増幅させて補います。

・建物が受信の邪魔になっている時
はじめは問題なくテレビを視聴で来ていたのに、近くに大型ビルなどが建った為にテレビの映りの調子が悪くなってしまったというケースも多く見られます。
こういった場合もブースターを設置する事で解消できる可能性があります。

テレビブースターの選び方

利得と雑音指数で選ぶ

「利得(ゲイン)」とは、入力した電波信号をどのくらい増幅出来るかを指しており、単位はデシベル(dB)で表し、数値が大きいほど電波の受信状態を改善する能力が高いという事を示しています。
電波が強い場合、利得が高すぎるとかえって映りが悪くなってしまうケースもあるので、調節機能の有無もチェックしておくと安心でしょう。
中には最大利得まで一定の範囲内で自由に調節できるモデルもあるので、状況によって検討してみるのが良いでしょう。

「雑音指数(NF)」は、受信信号がどの程度のノイズの影響を受けているかを表す指標のことを言います。
単位は利得と同じデシベルで表し、数値が小さいほうがノイズの影響を受けにくく信号の品位を落とさずに増幅出来る事を示しています。

定格出力で選ぶ

受信品質を保ったまま増幅出来る最大出力レベルの性能を表した数値を「定格出力」と言います。
出力レベルが定格出力の範囲内であればスムーズに増幅されて綺麗に映りますが、その範囲を超えたレベルになると故障の恐れがあるので注意が必要です。
その為、なるべく定格出力の上限に幅をもたせた数値の高いモデルがおススメです。