4K8Kチューナーは絶対に必要?

2018年12月にいよいよ4K8K放送がスタート!という波に乗って4K8K対応のテレビは購入しても、結局まだ地上波デジタル放送しか観ていない方もいらっしゃるのではないでしょうか。
地上波デジタル放送に切り替わった時のようにテレビが映らなくなるわけではないので、4K8Kテレビへの移行は「そのうちやろう」という事項の中の一つになっている様子。
または、テレビの買い替えはしてあるけれど、アンテナの設置もチューナーの購入もまだ決め兼ねているという声もたくさん聞こえてきます。

そんな方のために、今後4K8K放送を観ようと思った時に実際に何が必要になるのか考えておきましょう。

そもそもチューナーの役割って何?

アナログ放送から地上波デジタル放送に切り替わる時にもD-CASカードを挿入する機械を設置した記憶のある方なら馴染みのあるチューナー。
その役割は、電波の複雑さに由来しています。

従来のアナログ放送は電波の信号を受け取り、それを画面に動くデータとして変換するのにさほど複雑ではありませんでした。
ところがデジタル放送になり電波がアナログよりも格段に細かく複雑になり、選択肢も増えたところそれを交通整理する役割の仲介者が必要になり生まれたのがテレビのチューナーです。

チューナー内蔵のテレビと外付けのテレビが存在しているのは、そのテレビが発売された時期にも大いに関係してきます。
もともとアナログ放送だけを見る想定で作られたテレビにはデジタル放送用のチューナーが内蔵されていなくて当然ですので、後からチューナーを買い足す流れとなりました。
その後販売されているテレビは、デジタル放送を受信する前提で作られていますのでチューナー内蔵型になっています。

そして今回4K8K放送のチューナーが話題となっているのは、その電波信号がデジタル放送と性質の違うものであり新しい仲介者がいないと映像にできないからです。
もともとデジタル放送を受信する前提で作られた年代のテレビには4K8K放送専用チューナーが内蔵されていないわけですから、新しい信号を受け取って映像に変換してくれるチューナーの役割は必須となります。
デジタル放送チューナーがテレビの標準装備になったように、今後販売されるテレビも順次4K8K放送チューナーを標準装備するようになることが考えられます。

何を基準にチューナーの選ぶ?

メーカー

現在お使いのテレビと同じメーカーの4K8K専用チューナーを選ぶ最大のメリットは、リモコンの操作性です。
同期しやすく、1台のリモコンで全ての操作を行えるようになるので、使えないボタンが存在する、場合によっては2台のリモコンを駆使しなければならないなどの面倒がありません。

価格

各メーカーが発売しているチューナーの価格は25,000円~60,000円前後とかなり開きがあるのはご存知でしょうか?
その価格が一番反映されやすいポイントはチューナーが単体か複数系統あるかどうか?という点です。
4K8K放送を観るためだけなのか、または他の番組を見ている間に録画も想定しているかの違いによってチューナーの数を選ぶと良いでしょう。

単体チューナーの場合は背面端子も単純な造りですし、複数系統あるチューナーですとHDDへの出力を想定した構造となっています。

今後4K8K放送を楽しむためには?

まず用意しなければならないのが、4K8K放送に対応できる画素数のテレビです。
そのテレビに4K8Kチューナーが内蔵されていれば、あとはアンテナを設置するだけで、今までとはクオリティが格段に違う高画質のテレビ視聴を楽しめるようになります。
対応テレビではあるが4K8Kチューナーが内蔵されていない場合は、チューナーを追加してアンテナを設置すれば同様に新しい世界が広がるでしょう。
まずはお手持ちのテレビの種類が何に対応し何を内蔵しているのかをよく知ってから視聴環境を整えるようにしましょう。
今でもアナログ放送用のVHFアンテナがそのままになっている老朽化や落下による危険性が大変高いので、4K8Kアンテナを設置する時に取り外しておくと安心です。