アンテナが倒れてしまった時の対処法

テレビはすっかり私たちの生活の一部となり、テレビが見られない日常なんて考えられない!という人も多いのではないでしょうか。
毎日当たり前のように見る事が出来るテレビですが、自然災害や老朽化などでアンテナが倒れてしまい視聴できなくなってしまったというケースも多く見られます。
基本的にアンテナはしっかりと堅牢な工事で取り付けられている為、多少の風ぐらいでは倒れる事はありませんが、アンテナは屋根の上で雨風にさらされていることから、何年もたつと老朽化による強度の低下が起こる可能性があります。
更に近年では、大きな台風などの自然災害による影響も多くみられ、しっかりと取り付けられたアンテナでも倒れてしまう心配がないとは言い切れません。
もしもの時に備え、アンテナが倒れてしまった時の対処法についてお話ししていきます。

アンテナが倒れてしまう原因

強風・大雨などの自然災害

一般的にアンテナは屋根に設置されていることが多いため、台風などによる大雨・強風の影響を受けやすい環境にあります。
特に古いアンテナの場合は、アンテナを固定しているワイヤーの劣化が進み、破損しやすくなっている可能性があるので注意が必要です。
災害時には、テレビやラジオはかかせない必要なものとなります。
いざという時に備えて、普段からこまめにアンテナを確認しておくと安心でしょう。

屋根などの建造物の劣化

アンテナがぐらつく場合、アンテナではなく屋根に原因がある可能性があります。
一般的にアンテナは屋根にとりついている事が多く、その土台の屋根が劣化してしまうとアンテナが倒れやすくなってしまいます。
そのため、アンテナはもちろんですが屋根の寿命や耐久性などに関しても注意する必要があります。

アンテナの寿命

アンテナの寿命は、設置場所の環境によっても大きく変化しますが、一般的に10年と言われています。
海沿いや雪国・廃棄ガスの多い場所などでは、通常よりアンテナが腐食や重みなどの影響を受けやすいことからアンテナの寿命が短い傾向にあります。
アンテナを設置してから数年が経過している場合は、一度アンテナの状態を目で見て確認しておくと安心でしょう。
その際に、アンテナが傾いている・アンテナの素子(エレメント)が部分的に壊れている・アンテナを支える屋根馬、支線などの錆びつき・支線がたるんでいるような状態の場合は、アンテナの寿命であると考えられます。
老朽化したアンテナをそのまま設置しておく事はとても危険で、思わぬ事故にも繋がる可能性もあるので、早急に修理・交換が必要となります。

アンテナが倒れるとどうなる?

アンテナが倒れてしまうと、テレビの画像にブロックノイズなどが入り映りが悪くなる・エラーコードが出てテレビ番組が映らなくなるといった症状が現れます。
このような症状があらわれた場合は、アンテナの異常に気付くことが出来ますが、電波状態の良い環境ではアンテナが倒れてしまっていても、テレビの映りに支障がなく気付かない場合があります。
倒れたアンテナを気付かず放置しておくと、アンテナが倒れた際に屋根に損傷を与えていたり、アンテナが落下して人や物に当たって大きな事故に繋がる可能性があるので、テレビの映りに問題がない場合でも、台風などのあとはアンテナがきちんと設置されているか確認しておくと安心でしょう。

アンテナが倒れたらどうする?

アンテナが設置されている場所は屋根の上などの高所となるため、アンテナの設置や固定・修理を自分で行う事は危険を伴います。
アンテナ設置中に自分が落ちてしまう危険や、アンテナを落としてしまう可能性もある為注意が必要です。
また、アンテナは電波を受信するための機器ですが、場合によっては感電の恐れがある為、アンテナの修理には資格が必要となっています。
アンテナを適切に設置するには専門の知識や技術が必要となる為、専門業者に依頼する事をおススメします。