テレビアンテナ・ケーブルテレビ・ひかり回線の特徴

テレビを見ると言えば、従来から普及しているアンテナでテレビ電波を受信する方法が一般的ですが、現在ではケーブルテレビで見る方法と、ひかり回線で見る方法も存在します。それぞれの違いはどんなところにあるのでしょうか?

テレビアンテナ

まずは従来から使用されてきているテレビアンテナですが、最も一般的な方法で、家電量販店などでアンテナの販売から設置までを行うことができます。

アンテナを設置してすぐにテレビが見られる

ひかり回線やケーブルテレビの場合だと、申し込みから利用開始までに手続きの関係で期間が空いてしまいますが、テレビアンテナは設置すればすぐに電波を受信できます。

初期費用を払ってしまえば設置後は無料

アンテナを立てる場合、初期費用としてアンテナの費用(約1~2万円)・設置工事費用(薬2~3万円)がかかります。インターネットの利用が少ない家庭は、ひかり回線ではなくアンテナ設置を考えた方がコスト面では良いでしょう。

電波に左右されることがある

地デジの電波が他の何かに干渉していると、画面がちらついたり映りが悪くなることがあります。周囲の環境によって電波障害が起こりやすい地域では、ケーブルテレビやひかり回線の導入を考えた方が良いでしょう。

故障のリスクがある

基本的に屋外に設置するので、災害で壊れたり、錆びが出て故障につながることがあります。その際は修理か新しくアンテナを建て直す必要があるので、修理費用や建て直し費用を考えておく必要があります。

ケーブルテレビ

ケーブルテレビというと言葉を耳にしたことはあっても詳しくは分からない方が多いのではないでしょうか。
おおもとの会社が家庭用の何倍もの大きさのアンテナでテレビ放送波を集め、それを有線を用いて各家庭に電波を配信しているサービスのことです。

周辺環境の影響が少なく、安定してテレビが見られる

有線で放送波を受け取るので、アンテナと比べて周辺環境の影響を受けにくく、鮮明な映像を安定して楽しむことができます。

多くのチャンネルでテレビ放送を楽しめる

特殊な回線を使っているんで、地デジ以外にもインターネットや多チャンネル放送を楽しむことができます。ケーブルテレビの最大手で90以上のチャンネルがあります。

毎月一定額の負担がある

アンテナを設置した場合とは違い、毎月一定額の月額料金がかかります。さらに、BS放送を見たい場合も追加料金がかかり、BS放送専用のチューナーが必要になる事が多いので、契約をするケーブルテレビに確認をしてみてください。

ひかり回線

ひかり回線も常に安定している回線で、ひかり回線の人気も徐々に高まってきています。

常に回線が安定している

光ファイバーを使っているので、アンテナ、ケーブルテレビに比べて最も安定していると言える回線です。通信速度も申し分なく、快適に映像を見ることができます。
インターネットをよく利用する家庭は割引プランなどを利用してひかり回線にする場合が多いようです。

他チャンネル、VOD、音楽、ゲームも多彩に楽しめる

ケーブルテレビと同様に、他チャンネル放送や様々なコンテンツを楽しめます。

毎月一定額の負担がある

こちらもケーブルテレビと同様に、ひかり回線との契約になるので月額料金がかかりますので、プランは各回線に確認をする必要があります。インターネット契約があれば抱き合わせで安くテレビが見られる場合も多いです。

それぞれのコスト比較

◎テレビアンテナの場合
初期費用5~6万円~/月額料金0円
◎ケーブルテレビの場合
初期費用6千円/月額料金3600円~
◎ひかり回線の場合
初期費用3~4万円/月額料金6千円~

費用はテレビアンテナの場合がコスト的に一番良いように見えますが、多くのサービスをあわせて使いたいと考える方はケーブルテレビかひかり回線で契約した方が総合してお得です。

インターネットをあまり使わず、多チャンネル放送に興味が薄い方は「テレビアンテナ」、インターネットや多チャンネル放送に興味がある人は、「ひかり回線・ケーブルテレビ」と頭に入れておきましょう。