テレビアンテナの修理は保険が使える?

台風や豪雨などによってアンテナが故障してしまうなど、予期せぬ事態でアンテナ修理が必要となる可能性は誰にでもありえますよね。
そんな時にまず確認してもらいたいのが、「火災保険が適用するかどうか」です。
あまり知らない人も多いですが、アンテナ修理は火災保険が適用する場合があり、保険が適用すれば、修理費用を保険で補えたり、費用の負担が少なくて済むケースがあります。

火災保険が適用されるケース

火災保険は、火災にあってしまった場合のみに使用できる住宅保険であると思っている人も多いですが、実は火災だけでなく他の自然災害も適用範囲となります。
屋根の上に設置されているテレビアンテナは屋根馬でしっかりと固定されていますが、この屋根馬が雪や風の影響によって壊れてしまうと、アンテナが転倒したり曲がってしまう可能性があります。
この場合、雪が原因であれば「雪災補償」、強風が原因の場合は「風災補償」という火災保険が適用される場合があります。
保険の契約内容によっては、アンテナの修理費用は無料で済むケースもあるので、事前にしっかりと確認しておくと安心です。

テレビアンテナが故障した際はまず保険内容の確認を

火災保険に加入しており、自然災害によってアンテナが故障した場合は、まず保険内容の確認をしましょう。
地震によって、アンテナが倒壊・破損した場合は地震保険の対象となるケースもあるので、地震保険の内容も確認しておく必要があります。
一般的に下記のような流れで保険を請求する事が出来ます。

①加入している保険会社にまずは事前確認をする
②アンテナ修理業者に施工を依頼する
③その場での支払いは一旦負担する
④アンテナ修理業者より見積もり・請求書を保険会社へ郵送し、保険金の受け取りを行う

火災保険で注意すること

まず注意したいのが、加入している火災保険の契約内容です。
火災保険の中には、強風や積雪などで破損してしまったアンテナは適用されない契約内容のものもあり、適用範囲内であっても0円で修理するのではなく保険分を差し引いた金額を負担しなければならない場合もあります。
また、火災保険には20万円フランチャイズ方式というものがあるので注意が必要です。
このフランチャイズ方式とは、自然災害による損害額が一定金額以上になった場合のみに保険が適用されるというもので、自然災害の損害にあってもその金額が設定未満の場合には、補償されず全額自己負担となってしまいます。
フランチャイズ方式の他にも、免責金額として契約時にあらかじめ一定の自己負担金を決めるものも多く、そういった内容の火災保険の場合には免責金額を差し引いた金額が保険金として支払われる事となります。
その場合も、損害額が設定した免責金額を越えなかった場合には補償してもらう事が出来ないので注意が必要です。
一般的に、自然災害によってアンテナが故障してしまった場合、修理に10万円以上かかる事あまりないとされています。
そうすると火災保険が適用されず、補償を受けられないケースが多いです。
しかし、屋根自体が破損しているなど、他にも被害がみられる場合には被害総額が大きくなる可能性があります。
そうすると、フランチャイズ方式や免責金額が設定されている場合でも適用範囲となり、保険適用となる可能性が高いです。
もう一つ注意しておきたいことが、火災保険の期間です。
火災保険を使用するには期間が決められており、いつでも使用出来るわけではなく自然災害に合った日から何か月以内・何年以内というように期限が決められているので注意が必要です。
この期間を過ぎてしまうと、保険を利用する事が出来なくなってしまうので、申請期限の確認をしておくことが大切です。