テレビのトラブル!アンテナ修理が必要か確認を!!

毎日当たり前のように見ているテレビですが、突然エラーコードがでて映らなくなってしまう事があります。
その原因としてアンテナの不調が考えられますが、焦らず対処する事で自身で解決できるケースも多く見られます。
そんな時のために、テレビにトラブルがあった時の対処法についてお話ししていきます。

エラーコードがでてテレビが映らない

アンテナの不調により、突然テレビにエラーコート出てしまい、テレビ番組が映らなくなってしまう事があります。
テレビによっては不具合時にエラー内容を説明するメッセージが表示されることがあるので、それぞれのエラーコートの意味を理解し、トラブルの原因を把握する事が重要となります。

「e201」

このエラーコードが表示される場合は、アンテナが受信できる電波レベルが低くなり番組が映らなくなった事を示しています。
特にBS・CS放送は、豪雨や大雪などの影響を受けやすいため、悪天候では電波を受信出来なくなる事があります。
このエラーのほとんどは、基本的に天候の回復により電波状況が復旧すれば自動的に解決されるケースが多く見られます。

「e202」

このエラーコードが表示された場合は、何らかの理由でテレビに電波が届いていない事が原因であると考えられます。
アンテナが倒れた・傾いたなど、アンテナ本体の問題が疑われます。
他にも、アンテナ線が切れている・接続部分から外れている・アンテナ線の途中に設置したブースター(増幅器)など機器の故障・電波状況が弱すぎる、もしくは強すぎる・テレビの地域別チャンネル設定が適切でないなどのケースがみられます。
このエラーコートが表示された際は、まずアンテナ線がテレビ本体の「地上デジタル入力端子」にきちんと接続されているかを確認し、一度はずして装着しなおします。
レコーダーなどを介してアンテナ線を接続している場合は、そちらの接続も確認しましょう。
テレビのマニュアルを確認し、「機能」「サブメニュー」などからアンテナ受信レベルを確認し、アンテナレベルが0の場合はアンテナが倒れるなどのトラブルで電波が受信出来なくなったなどの可能性が考えられます。

「e203」

このエラーコードが表示された場合は、該当するチャンネルが放送を休止しているというメッセージです。
放送局の事業停止やメンテナンス・突発的なトラブルなどで放送を休止していないか確認すると良いでしょう。
場合によっては、アンテナのトラブルなどにより電波が受信されない時にもこのメッセージが表示される事があるので、放送が休止していない場合はe202が表示された時と同じ事が原因である可能性があります。

テレビ本体の不具合

アンテナではなくテレビ本体が原因の場合は、まずテレビを再起動します。
手順は、テレビ本体の電源をオフにして電源プラグをコンセントから外します。
その状態で5秒から10秒待ち、改めてプラグを差し込みテレビの電源を入れなおします。
テレビを再起動しても復旧しない場合は、アンテナにトラブルが起きている可能性があります。

アンテナ交換の手順

専門業者にアンテナ修理を依頼した際は、下記のような手順で作業を行っていきます。

1.古いアンテナを外す

今まで使用していたアンテナを取り外します。
配線や支柱は劣化等の問題がなければ再利用する事が可能です。

2.テレビアンテナを組み立てる

部品を組み立てていきます。
この時点ではまだネジは固定しません。

3.アンテナを設置する

テレビアンテナを支えてくれる屋根馬を屋根の上に設置し、テレビアンテナを設置していきます。
この屋根馬によってテレビアンテナの場所が決まります。

4.アンテナを仮固定する

アンテナを垂直方向に仮固定します。

5.配線を接続する

今まで使用していた配線を接続します。
配線が劣化している場合は新しい配線に取り換えていきます。

6.受診の確認

レベルチェッカーを使用して正常に受信できているかを確認します。

7.ステイを貼りなおす

ステイは受信調節中に緩んでしまう可能性がある為、最後にしめなおします。