地デジ放送が映らない原因はアンテナにあるのか

突然、テレビが映らなくなったときの原因

これまで問題なく映っていた地デジ放送が、突然映らなくなったという人もいるのではないでしょうか。
地デジ放送が映らない原因は様々です。
原因の一つは、アンテナ本体の故障が挙げられます。
鳥がとまったりするだけでは、地デジ放送が映らなくなることは少ないです。
しかし、被雷によるアンテナ損傷は少なくありません。
アンテナ直下で受信レベルを測定すると、アンテナ本体が故障しているかどうか判断することができます。
信号が出力されていなければ、アンテナ交換が必要です。
アンテナの転倒、脱落も地デジ放送が映らない原因になります。
台風が発生した後に地デジ放送が映らない場合には、アンテナの状態を目視で確認してみてください。
アンテナが倒れている場合でも、折れたり大きく破損したりしていなければ、元の場所に立て直し、方向を調整すれば映ることもあります。
エレメントが折れている、アンテナ自体や支柱が変形している場合は、交換が必要です。

テレビが映らないときはアンテナ工事業者に相談しよう

アンテナの方向がずれている場合も地デジ放送が映りません。
近隣住宅の屋根を確認し、自宅のアンテナが大きくずれていないか確認しましょう。
BS放送やCS放送などの衛星放送は、アンテナの方向が少しずれただけでも、映らなくなったり、ノイズが発生したりすることがあります。
テレビについているレベル表示をみて、数値が最大になるように合わせてください。
アンテナだけでなく、分配器やテレビコンセント、プラグ、ケーブルにトラブルが発生していることも少なくありません。
特に、ケーブル接続部分の接触不良が多いです。
テスターや電界強度計などの測定器を使用すると、簡単に判断することができます。
自分でプラグをつけた場合は、接触不良が発生しやすい傾向にあります。
プラグなどが外れていないか、確認してみてください。
このように地デジ放送が映らない原因は様々あり、適切に対処するためには、原因をつきとめなければなりません。
アンテナに関する知識がなければ、原因をつきとめることは難しいでしょう。
アンテナ工事業者に依頼し、地デジ放送が映らない原因をつきとめてもらうと安心です。