意外に知らない?4K8Kテレビについて

テレビの進化は著しく4Kテレビが発売され話題になりましたが、更に8Kの時代が近づいてきています。
そんな中で、もう何のことやら・・・と話題に乗り遅れてしまう人も多いのではないでしょうか。
アナログから地デジへ、大きなテレビから薄型へ、機能もものすごいスピードで進化していくのでついていくのは大変ですよね。
しかし、今後テレビを購入する際にはどうしても知識が必要となってしまいます。
家電量販店で説明されても全然理解できない・・・なんて事態にならないよう、4K8Kテレビについてお話したいと思います。

4K8Kテレビとは

4K

近年では40型を超える大型テレビが多く販売されるようになりましたが、その多くは4Kがメインのものになってきています。
少し前に「フルハイビジョンテレビ」というものが話題となったのをご存知でしょうか?
当時、映像のキレイさが話題となりテレビの進化を感じたものですが、時代はさらに進化
し4Kテレビというものになっていきました。
フルハイビジョンの画素数が、横(水平画素)1920×縦(垂直画素)1080なのに対して、4Kテレビは横3840×縦2160で合計829万4400という計算になります。
簡単に言うと、4Kテレビはフルハイビジョンの4倍の画素数・画素の粗さの問題を解決していると言われており、画質の鮮明度は一目瞭然です。

8K

フルハイビジョンから4Kの進化が大きな話題となり、家電販売店等でその進化に驚いた人も多いかと思います。
しかし、テレビの進化は止まらず8Kの時代に突入しようとしています。
8Kとはその文字通り4Kの4倍というもので、フルハイビジョンテレビは2Kとなるので16倍もの進化を遂げたといえます。
その為、従来のハイビジョンテレビよりも画素の密度については16倍もの広い面積の映像となり、面積現状維持ならば16倍濃い映像表現が可能となります。
8Kテレビは、「臨場感」を感じる事が出来ると注目されており、まるでその場にいるかのような美しい映像を見る事が可能となります。

最新のテレビに必ず買い替える必要がある?

従来のフルハイビジョンでも問題なく視聴できるので、4Kを選ぶ意味はあるの?と思う人も多いかと思います。
最近では家電販売店に行くと、最新の4K8Kテレビがずらりと並んで美しい映像を見せています。
その一方で、従来の2Kのフルハイビジョンテレビは価格が落ち着いてきており、40型前後であれば10万円弱と手ごろな価格で購入する事が出来るようになってきたのも魅力です。
アナログ放送からデジタル放送に切り替わった際には多くの人がテレビを買い替えたかと思いますが、現在使用しているテレビを4Kテレビにしなければ視聴出来なくなるという訳ではありません。
放送の4K8K化がどんどん進められていますが、これらは衛生による放送が予定されているので、現在の地上デジタル放送はそのまま放送され続ける事になります。
特に最新のものや映像にこだわらない場合は、低価格で購入できる2Kテレビという選択肢もあります。

購入の際に注意する事

チューナーがないと視聴出来ない

様々なメーカーが4Kテレビを販売していますが、そこで注意しなければならない点が、チューナーが内蔵されているかどうかです。
今までに販売されてきた4Kテレビには、新4K8K衛星放送のチューナーが搭載されていないものが多く、新しい4K放送を視聴する為には対応したチューナーが必要となります。
中にはチューナー内蔵となっているが、インターネット映像配信サービスなどを視聴する為のもので、実用放送が開始される番組については未対応という場合もあるので気を付けましょう。