アンテナ工事の費用と手順

4K8K放送は見たいけれど、テレビを新しくして、チューナーとアンテナも購入、その上工事も必要になると費用はどのぐらい見積もっておけば安心なのか気になるところです。

それに、住んでいる場所によっては設置できるアンテナの種類も違えば、取り付けられる場所も違うもの。

そこで今回は、これからアンテナ設置にむけて工事をしたいと思っている方が気を付けたいポイント、かかる費用、設置の手順などについて考えておきたいと思います。
既に地上波デジタル放送用のアンテナがあり、なおかつBS放送にも加入しているとしても、4K8K放送には応用できないアンテナであれば新たに別のアンテナを設置しなければなりません。

アンテナ工事にはどのぐらいの費用がかかる?

八木式アンテナのみ 約15,000円~

地上波デジタル放送に対応している「魚の骨」型のアンテナ設置工事のみの相場です。
設置する場所が、屋根の上なのか、壁面なのか、屋根裏部屋なのかなどの条件によって変動します。また、地域や業者によっても差があります。

デザインアンテナのみ 約20,000円~

従来の魚の骨型アンテナでは外観を損なうとして生まれた箱型のアンテナ設置工事のみの相場です。
壁面によっては電波の受信レベルが条件を満たさず、八木式アンテナの選択になることも。
事前に電波状況を調べてからの選択となる場合がほとんどです。

八木式アンテナ+4K8K放送対応のパラボラアンテナ 約30,000円~

地上波デジタル放送を視聴しつつ、最新の4K8K放送も視聴したい方は両方の取り付けが必要となります。

デザインアンテナ+4K8K放送対応のパラボラアンテナ 約35,000円~

八木式アンテナをデザインアンテナに置き換えたプランです。

以上はあくまでも1部屋の視聴を想定したものであり、電波の受信環境によってはブースターの設置や複数の部屋で視聴するための分配器、受信状況が良すぎるのを調整するためのアッテネーターの取り付け費用が加わると50,000円~80,000円近くなることもあります。
アンテナ工事にかかる事前の見積もりは複数の業者を比較して、安さだけでなく取り付けた後のアフターケアまで安心できる業者を選ぶことが大切です。

アンテナ工事に際しての手順

①見積もり

家電量販店またはアンテナ工事専門の業者に電話やインターネットなどで見積もりを依頼します。
この段階では、住所の他に一戸建てまたは集合住宅の確認、何部屋での視聴を予定されているかなどを確認されます。

②自宅にて立ち合い

どのぐらいの電波の受信環境かを測定するために訪問されます。
この測定値によって、八木式アンテナかデザインアンテナを選ぶ、ブースターの必要有無などの説明をされます。

③金額の最終決定

以上の条件を照らし合わせて最終的にかかる費用の見積もり金額が決定します。
まだ見積もりの段階ですからキャンセルも可能です。
工事内容と見積もり金額に納得がいくようであれば、本契約となります。

④工事

本契約を結んだら工事開始です。
電波の受信環境の測定と工事を同日に行うところもあれば、別日に設定している業者もあります。
また見積もりが無料の業者かどうか、あるいは電波の測定が有料かなどの点については、立ち合いの前の問い合わせの段階で確認をしておきたいポイントです。

⑤支払い

工事が完了したところで工事費の支払いです。
もし気になる点がありましたら、支払いの前に業者立ち合いのもとで申し出ておきましょう。

アンテナ工事業者の選び方がわからないときは?

見積もりも複数社にしてもらうとわかりやすいのが、最低限の取り付けで最適な視聴環境を整えることを考えてくれているかどうか?が料金が反映されやすいところです。
不要なのにブースターの取り付けを提案された、八木式アンテナで了承しているのにデザインアンテナを勧められたなど、地上波デジタル放送の急速な普及が進んだ時に一気に増えたアンテナ工事の業者の中には、悪徳な業者が存在している事実も否めません。

安かろう悪かろうではアンテナを取り付けた意味がなくなってしまいますし、アンテナを取り外すにも費用がかかるものです。
契約を結んでしまう前にしっかりと内容を確認して、納得の工事を依頼しましょう。