マンションなど集合住宅で地デジが映らない場合

マンションやアパートなど集合住宅にお住まいの方、「テレビが映らない」「ノイズがひどい」という場合どうされますか?すぐに管理会社や大家さんに連絡を取りますか?管理会社が閉まっている時間帯だったらどうしますか?連絡を取る前にまずチェックすべき項目がいくつかあります。集合住宅でテレビが映らない場合の対処法を見てみましょう。

テレビが映らない時にまずチェックすべき項目

急にテレビが映らなくなったり、ノイズがひどくなってしまった場合、その原因はアンテナだけとは限りません。まずはテレビの周辺機器に原因がないかチェックしてみましょう。

□テレビの配線を確認する

テレビの裏側に回ってまずは電源コードが抜け落ちていないかを確認して下さい。同時にアンテナケーブルが抜けていないかを確認します。アンテナケーブルは中軸(ケーブルの先端に針のような金属部分が附属している)があるタイプが多くなっています。アンテナケーブルがが壁の端子に適切に挿してある状態でも一度端子から抜き、中軸が曲がっていないかをチェックします。また断線についても確認しましょう。レコーダーを使っている場合はアンテナがレコーダーを経由していることがあるので、レコーダー側に関しても同様なチェックをして下さい。

□B-CASカードが挿入されているか

B-CASカードと呼ばれるICカードがテレビの背面にから抜けている場合はテレビを見ることができません。B-CASカードの挿入口は基本的にテレビの背面にあるので「気づかないうちに子供が抜いてた。」という話をよく耳にします。またB-CASカードは水や汚れにより接続が悪くなることがあります。取り出したカードを一度乾いた布でふいてみることで接続がクリアになる場合があります。B-CASカードには様々なカラーがあることをご存知でしょうか?青色は地デジ専用カード、赤色が地デジ・BS・110度CSの3つに対応しているカードです。また、BS4K/8K放送チューナー搭載テレビや録画機器では、B-CASカードがない場合もありますのでご注意ください。

□アンテナがあるか?

BS放送が見たいのに映らないという場合は、そもそもBSに対応していない住宅でBSアンテナが設置されていないことも考えられます。

画面のエラーコードをチェック

テレビの番組は映らないが、何かアルファベットと数字が表示されているということはありませんか?このアルファベットと数字は「エラーコード」と呼ばれるもので、表示されるコードによって故障の内容や原因が分かります。 もちろんマンションに置かれたテレビでも、一軒家で見るテレビでも同じコードが映し出されます。

●E100, E101,E102

B-CASカードの未挿入やカードの不具合を知らせるエラーコードです。正しく挿入されていることを確認した後もエラーコードが表示されている場合は、カードに記載されているB-CASカスタマーセンターに問い合わせましょう。

●E201

雨や台風など天候の影響で受信電波が弱くなっている時に表示されることがあります。

●E202

「受信できません。アンテナの設定や調整を確認して下さい」
よく出てくるエラーコードで、アンテナが受信した電波がテレビに届いていない可能性があります。アンテナレベルはテレビの本体設定からアンテナ設定を選択し、電源・受信強度表示で確認できます。アンテナレベルは44以上が目安で50以上で安定します。受信レベルが低い場合は、アンテナ自体の不具合が考えられるので管理会社に連絡しましょう。

●E209(Err)

BS・110°CSのアンテナ線がショートしているためにテレビが映らなくなっています。

マンションやアパートでテレビが映らない場合は、管理会社に連絡する前に、テレビ周りの配線、テレビの設定、電源などをまず確認してみましょう。エラーコードが表示されている場合は、その指示に従って不具合が解決することが多くあります。エラーコードE202・E203はアンテナが原因になっていることが多いので共聴アンテナの場合は、管理会社に申し出る必要があります。