地デジ化で何が変わったの?

2011年7月24日午後12時に、地上アナログテレビ放送から地上デジタル放送に変わった事は、まだ記憶に新しいですね。
「地デジ化」と呼ばれ、当時は大きな話題となりました。
日常生活の一部であるテレビが見れなくなるのは困る!と慌てて対処した覚えがあります。
しかし、地デジに変わる事で、高画質・高機能などの変化があると大きく取り上げられましたが、具体的に何がどう変わったのか知らないという人も多いのではないでしょうか。
地デジ化によって何が変わったのか、地上アナログと地上デジタルの違いについてお話ししたいと思います。

なぜ地デジ化が行われたのか?

電波資源の有効活用

電波は、使用目的に適した周波数帯が各国の法律に基づいて決められており、好き勝手には使えない決まりがあります。
目に見えない電波の事なのでイメージしにくいですが、当時すでに電波は過密状態にありました。
そこで、デジタル化によって空き枠を増やし、過密状態にある周波数に余裕を持たせるという考えが生まれたと言われています。
テレビで使用する周波数を、アナログ放送の2/3に節約する事が可能となり、空き周波数を使用して新たな電波を使ったサービスが可能となります。
主に、携帯電話サービスの充実・新しい放送サービスの展開・事故のない車社会の実現(車同士の通信で出会い頭の事故を防止)・防災、救急医療などでの活用を目的としています。
地上デジタル放送では、470MHzから710MHzの周波数帯を使用しており、1チャンネルで使用する周波数は6MHzとされているので40チャンネル分が用意できる計算となります。
しかし、番組数の多い東京地方でも10チョンネルほどしか使用されていないのが現状なので、今後空き枠の活用がどのようにされていくのかが課題となっています。

ハイビジョン放送

地デジの目的の一つとして「ハイビジョン放送」があげられます。
地上アナログの状態でハイビジョン放送を行ってしまうと、今までの放送と比べて5倍の量の電波が必要となると言われています。
その為、情報の量を小さくすることが可能なデジタル放送に切り替わる事が決定しました。
そうする事で、ハイビジョン放送を利用し、美しい風景映像やスポーツ番組などを鮮明な画面で楽しむことが出来るようになりました。

アナログ放送とデジタル放送の違い

そもそもアナログ放送とデジタル放送の違いは何なのでしょうか。
そこで、アナログ時計とデジタル時計をイメージしてみてください。
アナログ時計の秒針は1秒と2秒の間も続けて動いているので境目がはっきりしませんが、デジタル時計の場合は1秒の次は2秒と数字で表示されます。
その為、1秒と2秒の間ははっきりと分かれているという事になります。
このようにデジタルではアナログと違い、情報を数字で表すことが可能となっています。
映像の場合は、アナログ放送では走査線として描く情報を電気信号に変換する事で、電気信号を電波の強弱に変えて送信していました。
一方、デジタル放送では走査線として描く情報を数字に分解して送信しています。
情報を数字に変換する事で、同じ数字は同じ情報と認識されるのでまとめることが可能となりました。

地デジ化で何が変わった?

自宅のテレビが地上デジタルに変わり数年が経過しましたが、国民のみなさんはどのように変化を感じているのでしょうか?
ある調査では、自宅のテレビを地デジ対応にさせたことでテレビ視聴にどのような変化が出たのかを調べたところ、「録画したテレビ番組を見る時間帯が増えた」と答えた人が41.0%、「とり合えず録画する番組が増えた」と答えた人が37.3%となっています。
地デジ化したにより、機能性の高いテレビへの買い替えや録画機器の購入が進み、テレビ視聴のスタイルは変化してきたように感じます。
他にも、BS・CS放送を見る時間が増えたと答えた人も多く見られました。
近年では、テレビ以外にもスマホやPCの普及が一気に増え、様々なメディアを使用している人が年代問わず多くなりましたよね。
地デジ化した事で、様々な機器が便利に利用できるようになり、テレビ以外にもPC・スマホ・タブレットなどが私たちの生活の一部となりました。