アンテナの交換時期とは

アンテナの寿命

アンテナ工事をしてから、メンテナンスやお手入れをせずに放置している人も少なくありません。
屋根の上にアンテナを設置している場合、常に外気に晒されているため、時間の経過ともに劣化します。
地デジ放送が綺麗に写らない場合は、アンテナが劣化や故障しているかもしれません。
その際には、アンテナを交換しましょう。
一般的に、アンテナの寿命は10年だとされています。
アンテナ工事をしてから10年以上経過していると、故障する危険性も増えるため、メンテナンスをしてください。
住んでいる地域によって、劣化するスピードは異なります。
特に、海と近い場所に住んでいる場合は錆がひどくなるため、10年経っていなくても故障してしまうケースも少なくありません。
定期的に確認し、必要であれば交換しましょう。
アンテナのメンテナンスや交換は自分で行わずに、アンテナ工事業者に依頼することをおすすめします。

アンテナを交換するタイミング

アンテナが故障しているかわからず、交換のタイミングがわからないという人は、テレビの映り具合を確認してください。
自宅に複数のテレビがある場合、すべてのテレビが映らないときはアンテナにトラブルが発生している恐れがあります。
しかし、1台のみが不調などで映らない場合は、ケーブルや接触不良が考えられるでしょう。
また、アンテナの角度も確認してみてください。
屋根の上に設置しているアンテナは、強風などで角度が変わることがあります。
傾いていたり、倒れていたりすると、アンテナ工事業者に直してもらう必要があるのです。
アンテナ本体が正常かどうかも確認してください。
アンテナは、落雷や積雪でアンテナそのものが破損してしまうケースもあるのです。
自分でアンテナ工事をすると落下事故に繋がる恐れもあるため、破損しているかどうかの確認も、アンテナ工事業者に依頼しましょう。
アンテナが劣化、故障している場合はすぐに交換したいと考えますが、アンテナ工事にも繁忙期があります。
引っ越しや転勤が多くなる3月~4月、9月~10月の時期は、予約することが難しいかもしれません。
さらに、通常よりも高い料金設定になっていることがあるため、繁忙期を避けて依頼すると低予算でスムーズにアンテナ交換ができるでしょう。