デザインアンテナの魅力とは

アンテナの種類

アンテナには、様々な種類があります。
一般的によく見られるアンテナといえば、屋根の上に設置する八木式アンテナではないでしょうか。
八木式アンテナは魚の骨のような形をしたアンテナで、従来から使用されているアンテナです。
最近では、デザインアンテナというアンテナが人気です。
デザインアンテナは壁に設置するアンテナであり、屋根の上にアンテナを設置すると景観を損なうという理由から、新築の場合はデザインアンテナを選ぶ人が増えています。
コンパクトでスタイリッシュなデザインアンテナは、こだわって建てた住宅の景観を損なうことがないため、外観にこだわりたいという人はデザインアンテナを検討しましょう。
デザインアンテナにも様々な色があり、外壁の色と合わせて選ぶことが可能です。

デザインアンテナの受信感度について

様々な魅力があるデザインアンテナですが、デメリットもあります。
それは、ブースターが必要になるケースがあることです。
八木式アンテナとは異なり、屋根よりも低い位置にデザインアンテナを設置することになるため、受信感度が悪くなり、ブースターで電波レベルを増幅する必要がでてくるのです。
アンテナは、地面からの高さが高いほど、電波の受信感度が良くなります。
電波塔であるスカイツリーと近いエリアは、電波レベルが高く、デザインアンテナでも問題はないでしょう。
しかし、近隣住宅との兼ね合いで、設置が難しい場合もあるのではないでしょうか。
周囲の環境やエリアによって受信感度が異なるため、アンテナ工事業者に相談してみてください。
状況によっては、壁面に設置するデザインアンテナよりも、屋根の上に設置する八木式アンテナの方が良いケースもあります。
また、デザインアンテナでは受信感度が悪いという場合には、屋根裏に設置する方法があります。
屋根の形状にもよりますが、屋根裏の頂点に設置すると、屋根の上に設置したときと同じ高さでアンテナを設置することが可能です。
デザインアンテナを検討してみてはいかがでしょうか。