アンテナ工事におけるブースターの役割とは

地デジを視聴するためのブースター

地デジを視聴するために必要なアンテナ工事は、アンテナを設置するだけで視聴できるようになるというわけではありません。
場合によっては、ブースターを使用しなければ、地デジが視聴できないことがあります。
アンテナ工事の際にブースターを設置すると、料金が高くなる傾向にあるため、設置したくないという人もいるのではないでしょうか。
しかし、ブースターはとても重要な役割があります。
アンテナ工事におけるブースターの役割について知っておきましょう。
同じエリアに住んでいても、ブースターが必要な家と、必要ない家があるのです。

ブースターの役割とは

ブースターは、電波を増幅する役割のある機器です。
アンテナの電波には受信レベルがあり、電波の送信所から遠ざかるほど弱くなります。
東京ではスカイツリーが送信所となっており、スカイツリーから遠くに住んでいると受信レベルが弱いというケースもあるでしょう。
また、自宅内で分配器を使用して、各部屋のテレビ端子まで配線されますが、その分配器で電波が弱くなることがあります。
そのため、アンテナで受信した電波レベルに問題がなくても、分配器を通すとテレビ端子にたどり着いた際に、電波レベルが足りないということもあるのです。
スカイツリーから近い場所に住んでいても、周囲に高い木や高層マンションが建っているとそれが電波の受信を邪魔して、テレビの映りが悪くなるケースもありますが、ブースターを設置することで、解決することができます。
トラブルなく地デジを視聴するために、電波レベルが弱いエリアに住んでいる人はブースターを使用しましょう。
ブースターが必要かどうかは、アンテナの知識がない人では判断が難しいです。
アンテナ工事専門の業者に相談してみてください。
ブースターの効果を得るためには、設置する場所が大切です。
電波に雑音が含まれていると、その雑音も増幅される恐れがあるため、注意してください。
分配器やケーブルの近くは避けましょう。