4K・8Kを見るためのアンテナ工事について

4K、8K実用放送とは

自宅でBS放送やCS放送を視聴する人もいるでしょう。
テレビを視聴するためには、アンテナ工事が必要です。
地デジアンテナは地デジ放送の視聴のみに対応しているため、BSやCS放送を視聴したい場合は、別にアンテナ工事が必要になります。
アンテナ工事をして屋根の上に設置すると、どんなテレビも視聴できるようになるといったイメージを持っている人も少なくありません。
しかし、それぞれのアンテナを適切に設置しなければならないのです。
地デジアンテナと衛星放送の関係についてよく知らない人も多いでしょう。
現在の地デジ放送は、2Kで送出されています。
平成30年12月1日から4K、8K実用放送を開始すると発表されました。
テレビは4Kの時代になっており、地デジアンテナ工事業者も4K専用のアンテナを取り入れ始めています。

BSや110度CS放送が視聴できなくなる?

BSや110度CS放送を視聴するとなると、4K8Kマークのアンテナを設置する必要がありますが、4Kテレビでなければ視聴ができなくなると不安に思う人もいるでしょう。
2Kテレビでもこれまで通り、地デジ放送を視聴することができますが、BSと110度CSは視聴できません。
4Kは水平方向に4千画素、8Kは水平方向に約8千画素あることに由来しています。
4Kは約829万画素、横方向の画素数が2Kの2倍で画面上の画素数は、フルハイビジョンの4倍です。
8Kは約3318万画素となり、横方向の画素数が2Kの4倍、画面上の画素数はフルハイビジョンの16倍となります。
フルハイビジョンである2Kと比べて、4Kや8Kは高精細で綺麗な映像です。
より鮮明に、躍動感、臨場感のある映像を楽しむことができるでしょう。
2018年12月以降から4K、8K実用放送が始まりますが、現在販売されている4Kテレビでは4K、8K実用放送の受信機能が搭載されていないため、視聴ができません。
これまでと同様に、BS放送やCS放送を視聴したい人は4K、8K実用放送についてアンテナ工事の業者に相談してみてはいかがでしょうか。