4K8K放送を見る為に

2018年12月1日から4K・8K放送がスタートしその機能性が話題となっています。

薄型テレビへの買い替えをする人も増えている中、4K・8Kテレビへのグレードアップを検討している人も多いのではないでしょうか。

しかし、従来のテレビと何が違うの?見る為にはどうしたらいいの?と疑問に思う人もいるでしょう。

そこで、ここでは4K・8K放送についてお話ししていきたいと思います。

 

4K・8K放送とは?

「4K」「8K」という言葉は、映像における画面解像度の事を指しているもので、4Kであれば約4000、8Kであれば約8000を意味しています。

また、似たようなものとして動画などでよくみかけるのが「HD」「フルHD(ハイビジョン)」といった表記です。

これらも画面解像度を表す言葉で、HDは画面解像度が1280×720のサイズで、フルHDは元の画像・映像が1920×1080という画素数で表示・再生出来る事を意味しており、フルHDは「2K」と呼ばれています。

それぞれの画面解像度の違いは下記の通りです。

 

  • ・2K→1920×1080=約200万画素
  • ・4K→3840×2160=約800万画素
  • ・8K→7680×4320=約3200万画素

 

もし同じ画面サイズと改訂した場合、4Kは2Kよりも画素が4倍高密度ということになり、8Kは4Kの4倍、2Kの16倍もの画素数という事となり、数字が大きくなるほど映像が高画質となります。

4K8K放送の魅力はその圧倒的な映像美であると言われており、ハッとするような美しさや精細な画面がもたらす迫力や臨場感に驚かされます。

特にスポーツ観戦が好きな人には、スタジアムにいるかのような熱狂・迫力・臨場感を感じる事が出来るのでおススメです。

他にも、同様の理由から映画を見たり自然の風景や景色を楽しみたいという人も、4K8K放送によってリアルな映像を楽しむことが出来ます。

また、多くの人が開催を楽しみしている「東京五輪」は、競技の様子を4K対応で放送されるとされており、臨場感あふれる映像で楽しみたいと購入を検討している人も多いと言われています。

 

4K・8K放送のメリット・デメリット

・メリット

4K8K放送の魅力は何といってもその「圧倒的な映像美」です。

スポーツ観戦では、目の前で選手がプレイしているかのような迫力を感じる事が出来、映画では俳優の表情の変化や緊迫感などをリアルに感じる事が出来ます。

 

・デメリット

4K8K放送を十分に満喫する為には、その為の設備を整える必要があります。

自宅のテレビ周りの環境を新しくする必要がある為、その手間や時間・費用が必要となる事が4K8K放送のデメリットと言えるでしょう。

 

4K8K放送を見る為に必要なもの

高画質で迫力・臨場感あふれる4K8K放送を視聴する為には準備が必要となります。

必要となる機器は以下の通りです。

 

  • ・4K対応のテレビ
  • ・4K対応のチューナー
  • ・4K対応のアンテナ

 

現在多くの家庭で使用されているテレビの大半が2K放送用となっており、4Kには非対応となります。

その場合、4K8K放送を視聴するには「4K対応のテレビ」に買い替える必要があります。

1つ注意していただきたいのが、2018年6月以降に4Kチューナー内蔵テレビに買い替えた場合を除き、それ以前の4Kテレビはテレビ単体では4K放送などを視聴する事が出来ないので注意が必要です。

チューナー非搭載の4Kテレビでは、4K対応チューナーと4K対応のアンテナを使用する事で視聴が可能となります。

さらに、すべての4K8K放送を視聴したい場合は、チャンネル数の増加に対応する為の「4K・8K放送に対応したアンテナ」などを設置する必要があります。

新4K8K衛星放送がスタートし、4K番組や8K放送を楽しむことが可能となりましたが、勘違いしてしまいがちなのが今見ている地デジ(地上波)放送が4Kに変わるわけではないという事です。

現在の放送が変わるのではなく、4K放送という新チャンネルが始まるという事です。