瓦屋根の一戸建てにテレビアンテナを設置したい時はどんな方法がある?

テレビそのものが普及し始めた頃に一般的だった八木式のVHFアンテナ(地上波アナログ放送用のアンテナ)から、UHFアンテナ(地上波デジタル放送用のアンテナ)に変わり、そこへさらにパラボラアンテナまで設置すると、屋根の上でアンテナがひしめき合っている状態になっているのを色々なご家庭で見かけることが多かったものです。

しかし、台風をはじめとする災害の多い日本では、家の構造とともにアンテナもまた進化しています。

今回は、瓦屋根を使用している一戸建てに住まいながら最新のアンテナに切り替えていくにはどのような方法があるのか、詳しく見ていきましょう。

 

屋根の上に取り付けないアンテナにはどんな種類がある?

 

①デザインアンテナ

壁面に取り付けられる箱型のアンテナで、内部に八木式アンテナと同様の素子(電波をキャッチする回路)が入っており、発売当初よりも格段にサイズダウンし受信感度は向上してきています。

そのため、以前は電波状況的にデザインアンテナでの地上波デジタル放送の視聴が難しいと判断された地域でも、最新のデザインアンテナでは視聴可能になっている場合もあります。

アンテナ工事の業者に問い合わせてテストをしてもらってから検討しましょう。

 

②屋根裏など室内に設置するアンテナ

一番のメリットは屋根の上に登って作業をする必要がないため、工事費がかからないという点です。

しかし、家の構造や周囲の建物の環境によっては電波を拾いにくい方角が発生しやすいため屋外のアンテナよりも視聴環境が不安定になりやすい点には留意しておきましょう。

また屋根裏部屋がなく普通の室内にアンテナを置く場合は、屋外で見るよりも圧迫感が出ますので住人のストレスにならないかどうかについても検討が必要です。

 

③ベランダの手すりに設置する

屋根の上に設置するアンテナのマストの部分をベランダに設置することで、災害時などにアンテナ倒壊による家屋の被害が最小限に抑えられ、なおかつ室内にアンテナがあるよりも受信感度が安定しやすい方法です。

 

どのアンテナ工事をする場合も、家の所有者が住人と同一であれば問題ないのですが、所有者と住人が異なる時は事前に所有者に確認をしてから設置するように気をつけましょう。

 

4K8K放送を観るには右左旋両用のパラボラアンテナを設置しなければならない?

 

今まで右旋のアンテナを設置してNHKや民放各社のBSデジタル放送からいち早く4K放送を楽しまれていた方もいらっしゃると思いますが、同じアンテナのままだと視聴できない4K8K放送もあり左旋も両用のアンテナが必要になると言われています。

 

また専用のテレビとチューナーの他にも、右左旋対応のアンテナに対応したブースターや分配器、壁面端子も必要になります。

 

ただし、インターネットの光回線を接続して光回線テレビの契約を追加すれば月額の利用料で4K8K放送を楽しむことができます。

一度アンテナを設置してしまえば利用料はかかりませんが、工事や屋根のメンテナンスの面を併せて考慮した時にベストな方法で視聴環境を整えることが大切ですね。

 

まとめ

 

今回は、瓦屋根の一戸建てにおいてどのようなアンテナの設置方法が選択肢としてあるのか?という点について掘り下げてきました。

昔ながらの八木式のアンテナは、本体そのものは比較的お値打ちで何より電波を拾いやすいという最大のメリットがあります。

その反面、強風や豪雨などで倒壊しやすい一面もあり、特に瓦屋根のようにアンテナの倒壊の影響を受けやすい構造のお家の場合は、今後新たに設置するアンテナについて悩みも多いことと思います。

 

家屋に影響が少ない一番の方法としてはデザインアンテナであり、電波が拾いにくいイメージを刷新した新しいモデルも登場していますので是非チェックしてみてはいかがでしょうか。

 

4K8K放送についてはケーブルテレビを契約してアンテナレスで視聴する方法もありますし、観たい番組によってはアンテナ設置不可避の場合もありますが、ベランダや屋根裏といった選択肢も広がっていますので、災害にも備えたアンテナの設置方法について理解を深めておくといざという時に大変役に立ちます。