マイホームに設置可能?デザインアンテナについて

地デジを視聴するにはアンテナが必要となりますが、テレビアンテナには様々な種類があり、ご自宅に適したものを選択する必要があります。

テレビアンテナと聞くと、屋根上に設置するタイプの魚の骨のような形のアンテナをイメージする人が多いかと思いますが、近年では違うタイプの「デザインアンテナ」が人気となっています。

ここでは、近年多くの人が利用しているデザインアンテナのメリット・デメリットや設置場所についてお話ししていきたいと思います。

 

デザインアンテナとは?

 

デザインアンテナとは、地デジ放送を受信するために設置する、テレビ用のアンテナです。

これまでテレビアンテナと言えば、屋根の上に設置する魚の骨のような形をした「八木式アンテナ」を使用している家庭が多く、テレビアンテナと言えば「八木式アンテナ」をイメージする人が多いでしょう。

しかし、2012年ごろからテレビアンテナもいろいろな種類のものが販売されるようになり、八木式アンテナだと家の外観を損ねてしまうという声からデザインアンテナが誕生しました。

デザインアンテナは、小型・薄型でボックスのような形状となっており、屋外に設置しても家の外観を損ねないため近年多くの人が利用しています。

 

デザインアンテナのメリット・デメリット

 

デザインアンテナのメリットは、何といっても家の外観を損ねることのないスタイリッシュな形状と言えます。

特に新築戸建てを建てたばかりの人に人気となっており、八木式アンテナよりも外観がスッキリしているため、設置後にデザインアンテナにして良かったという声を多く耳にします。

デザインアンテナは小型・薄型となっており、見栄えがよくカラーバリエーションも豊富な為、ご自宅の外壁とほぼ同じような色を選ぶことが可能となっています。

形状も、四角形や六角形など様々のものがあり、一見すると壁の装飾のように見えます。

また、屋根上に設置する八木式アンテナの場合、雪や台風による強風などの影響を受けやすく、アンテナが倒れてしまったり最悪の場合落下してしまうという被害がありましたが、デザインアンテナはコンパクトな形状な為そういった被害を受けにくいのもメリットと言えます。

他にも、屋根上に設置されたアンテナはカラスなどの鳥による被害も多いですが、デザインアンテナはそのような被害がないので安心です。

一方、デザインアンテナのデメリットは、八木式アンテナと比べて受信感度がやや低いと言われている点です。

屋根上に設置する八木式アンテナと比べて、壁面やベランダに設置することの多いデザインアンテナはどうしても周囲の影響を受けやすくなってしまいます。

例えば、近隣に高層マンションが建っていたり、電波を遮る建物や電波を通しにくい竹林があったりすると、電波塔から十分に電波が届く範囲であっても受信が困難となってしまうケースがあります。

 

デザインアンテナの設置場所

 

・壁面

デザインアンテナで一番標準的な取り付け方法が「壁面設置」です。

屋根の軒下に設置することが多く、屋根上に太陽光パネルがあるご家庭でも設置することが可能です。

外壁と同じような色を選択することで、アンテナ自体が目立たなないため、外観を損ねることなく設置することができます。

また、壁面は風の煽りを受けにくいため、強風による被害を受けにくく、アンテナに鳥が止まってしまう鳥害・糞害の被害を受けにくいので安心です。

 

・屋根裏

外から全く見えることなく設置することが可能です。

アンテナ本体や配線などが雨・雪・風や直射日光にさらされることがないため、経年劣化を防ぎ耐用年数が長いと言われています。

電波を受信できる環境であること、アンテナを設置するスペースがあること、といった条件を満たす必要があります。

 

・ベランダ

専用器具で手すりに固定して設置するため、ベランダの手すりの強度が重要となります。

また、他の設置場所に比べて設置場所が低くなるため電波の受信に支障をきたしてしまう場合があるので事前に電波の確認をしっかりと行う必要があります。