デザインアンテナはこんな人におススメ

従来、テレビアンテナは屋根上に設置する魚の骨の形のような形をした「八木式アンテナ」が主流でした。

しかし、近年では外から見ると一見テレビアンテナには見えない壁面タイプのデザインアンテナが話題となっています。

ここでは、デザインアンテナのメリット・デメリットについてお話ししていきたいと思います。

 

デザインアンテナとは

デザインアンテナ(平面アンテナ/フラットアンテナ)とは、地上デジタル放送を見るためのアンテナで、種類によって大きさの違いはありますが、縦60㎝×横30㎝×高さ20㎝ほどもものが多くみられます。

日本で多くの人が利用しているのが魚の骨の形のような形をした八木式アンテナと言われており、現在でも多くの人が八木式アンテナを使用しています。

しかし、近年ではデザインを重視したデザインアンテナを使用する人が増えており、テレビアンテナを機能だけでなく、デザインという点から選択することができるようになりました。

薄く細長いボックスのような形状をしたデザインアンテナの設置場所は、主に屋根上や外壁・屋根裏・ベランダとなっており、設置したときに目立たないのも特徴です。

 

デザインアンテナのメリット

デザインアンテナのメリットは、なんといってもデザインを重視した見た目のスタイリッシュさです。

シンプルで目立たない形のため、どのような家の雰囲気にもマッチすることができ、カラーバリエーションも豊富なため家の外壁に合わせることができます。

中でも、新築戸建てを建てたばかりの方の需要が高く、家の景観をテレビアンテナが損ねることなく外観がすっきりするため、多くの人に選ばれています。

また、屋根上に設置している八木式アンテナは、カラスなどの鳥による被害や、台風による強風や雪の影響でアンテナが倒れてしまったり、落下してしまう可能性がありましたが、デザインアンテナはそのコンパクトな形状からそういった被害を受けにくいため安心です。

他にも、デザインアンテナは屋根に設置しないため設置工事が八木式アンテナよりも簡単に行うことができます。

そのため、修理の際も屋根に上って施工する必要がないため、比較的工事しやすいのもメリット1つです。

 

デザインアンテナのデメリット

デザインアンテナのデメリットは、八木式アンテナと比べて受信感度が低い傾向にあることです。

テレビアンテナは高い位置にあればあるほど受信感度が良いと言われており、アンテナの角度を調整することでより受信感度を上げることができます。

しかし、デザインアンテナの場合は屋根には設置しないことが多いため、八木式アンテナよりも受信感度が下がってしまう傾向にあります。

また、外壁などに設置すると角度を細かく調整することができないため、受信感度をより上げることができなくなってしまいます。

受信感度は地域によって大きく異なるため、強い電波を受信することができる地域であれば問題なく使用することが可能ですが、電波が弱い場合はブースターなどを使用して受信感度を上げるなどの方法をとります。

また、デザインアンテナと八木式アンテナではアンテナ本体の費用が異なり、デザインアンテナは八木式アンテナに比べると価格が高くなります。

 

デザインアンテナはこんな人におススメ

デザインアンテナはシンプルなデザインでサイズも小さいため、従来のアンテナとは異なり家の景観を損ねることなく設置できるのが最大のメリットです。

そのため、家の景観を重視する人におススメです!

家の外壁に設置する人が多く、アンテナの色も選ぶことができるため、一見するとテレビアンテナだとわからないぐらい目立たないように設置することが可能です。

デザインアンテナはご自宅の受信感度によってはブースターなど使用しなければならない場合もあるので、設置前に専門業者にしっかりと電波の受信状況を計測してもらうと安心です。