デザインアンテナの魅力とは?メリット・デメリットを徹底解説

昨今、新築戸建ての住宅を中心に普及が進んでいる「デザインアンテナ」とは、地上デジタル放送を見るためのアンテナの種類のひとつで、平面アンテナやフラットアンテナとも呼ばれています。

従来より広く利用されている魚の骨のような形をした八木式アンテナとは対照的に、小型で薄く、デザイン性に富んでいることが特徴です。

今回は、そんなデザインアンテナの魅力について、メリット・デメリットを通して徹底的に解説していきたいと思います。

デザインアンテナとは?

薄型かつ平らな形状が特徴的なデザインアンテナは、壁面への設置を可能にした地デジ放送受信用のアンテナです。デザインアンテナの最大の功績とも言えるのが、機能だけではなく、デザインという点からもアンテナを選択できるようになったことです。

種類によって大きさの違いはありますが、縦60㎝×横30㎝×高さ20㎝ほどのものが主な規格となっており、見栄えが良いスタイリッシュなデザインに加え、カラーバリエーションも豊富なため、住宅の外壁に合わせてお好みの製品を選べます。

デザインアンテナの主な設置場所

限られた場所にしか設置できない八木式アンテナとは異なり、壁面設置ができるデザインアンテナは、お客様のご要望に沿ってさまざまな場所に設置されています。代表的な設置場所の例としては、以下の通りです。

  • 壁面

デザインアンテナの最も一般的な設置スタイルは、壁面への設置です。アンテナが壁面にビスで固定されることにより強度が高くなり、壁の一部になって家のデザインに溶け込みます。壁面に合わせたカラーを選択すれば、窓枠やサッシなどを含めた住宅全体のカラーコーディネートを楽しむことも可能です。

  • ベランダ

別途用意される設置金具を用いての設置となります。なお、ベランダのフェンスに取り付ける場合には、フェンスの強度が重要です。事前に工事業者へ確認しておきましょう。

  • マスト

屋根上に設置してあるBSアンテナなどのマストに取り付けるケースもあります。鳥の大群によって被害が出ているなどの場合には、鳥が留まることのできないデザインアンテナを選択することも対策のひとつです。

  • 屋根裏

アンテナが外から全く見えなくなるため人気の高い設置方法です。ただし、電波状況などの条件が一致する場合のみに限られるため注意しておきましょう。ご依頼の際には、アンテナ工事に保証制度がしっかりとついている工事業者をお選びください。

デザインアンテナのメリット

災害リスクへの懸念や、外観保護を求める声から生まれたデザインアンテナには、八木式アンテナにはないメリットがあります。ここでは、両者を比較しつつ、デザインアンテナのメリットについて解説していきます。

①住宅の景観を損なわない

画一的なデザインの八木式アンテナと比べると、デザイン性の高さはデザインアンテナの圧勝です。形状は長方形・四角形・六角形などの種類がありますが、いずれもシンプルで目立たないデザインであり、カラーバリエーションも豊富なため、どのような雰囲気の住宅にもマッチします。特におすすめしたいのは、新築戸建ての場合です。テレビアンテナでせっかく建てた住宅の景観を損ねてしまわないためにも、ぜひ設置を検討してみてください。

②悪天候や自然災害による影響が少ない

屋根の上に設置する八木式アンテナには、悪天候や自然災害の影響により破損や落下の恐れがありましたが、デザインアンテナは壁面に設置するため、これらのリスクに対する心配は不要です。また、太陽光ソーラーパネルが屋根の上に設置されている場合には、アンテナが倒れることによる二次被害を防ぐことにも繋がります。

③設置工事やメンテナンスが簡単

デザインアンテナは屋根に上って設置工事を行う必要がなく、安定した足場で施工できるため、八木式アンテナよりも短い時間で設置が完了します。もちろん、メンテナンスや修理の際にも、設置工事と同様に安全な作業が可能です。

デザインアンテナのデメリット

一見すると八木式アンテナより優れているように思えるデザインアンテナですが、当然のことながらデメリットも存在します。見過ごせばテレビアンテナとしての役割を果たせなくなるケースもありますので、必ず設置前に確認を行いましょう。

①電波の受信感度が低い

テレビアンテナは高い位置にあればあるほど受信感度が良いと言われており、アンテナの角度を調整することでより受信感度を上げることができます。デザインアンテナと八木式アンテナの両者に共通する性質ではありますが、デザインアンテナの場合は屋根の上に設置しないことが多いため、八木式アンテナよりも受信感度が下がってしまう傾向にあります。

また、外壁などに設置した場合には、角度を細かく調整することができません。対策としてアンテナの屋根裏設置やブースターの利用などが挙げられますが、電波の受信状況は正確に計測する必要があるため、工事業者への事前相談をおすすめします。

②八木式アンテナと比べると価格が高い

デザインアンテナの価格は、八木式アンテナよりも高い傾向にあります。そのため、デザイン性よりもコストパフォーマンスを重視したい場合には、八木式アンテナの方が安価に設置する事が可能です。どちらも検討されているのであれば、専門業者に見積もりを出してもらいましょう。

デザインアンテナを設置する際の注意点

デザインアンテナの設置にあたり、注意点がいくつかあります。「テレビアンテナを設置したのに、テレビが視聴できない…」といったトラブルを回避するためにも、必ずチェックを欠かさないようにしてください。

①弱電界地域では設置できないケースがある

前述の通り、地デジアンテナの電波受信には、住宅の周辺環境が大きく影響してきます。状況によっては、壁面に設置するデザインアンテナよりも、屋根の上に設置する八木式アンテナの方が良いケースもあります。たとえば、ご自宅の前に高層マンションがあったり、電波を通しにくい竹林などが存在する場合には、デザインアンテナの設置に適していない可能性が高いので注意しておきましょう。

②デザインアンテナだけではBS・CS放送が受信できない

BS・CS放送とは受信形態が異なるため、デザインアンテナだけではBS・CS放送を視聴することができません。地デジ放送とBS・CS放送の両方を受信したい場合には、デザインアンテナ以外にBS・CS用のパラボラアンテナを別途設置する必要がありますので注意してください。

暮らしに適したテレビアンテナを選ぼう

デザインアンテナを設置する場合には、電波の受信に最適な位置を選びつつ、住まいのデザインを邪魔しない最適な場所選びなど、豊富な施工経験に基づく設置業者のセンスが必要となります。デザインアンテナ設置・ご相談につきましては、安心して任せられるアンテナ工事専門業者にご相談ください。