テレビアンテナの設置はどこが良い?

テレビアンテナと聞くと、昔からよく目にする屋根上に設置するタイプのアンテナをイメージする人が多いのではないでしょうか。

しかし、テレビアンテナには多くの人が利用している屋根上に設置するタイプの他にも、様々なタイプが販売されている事をご存知でしょうか?

アンテナのタイプによって設置場所も異なる為、ご自宅に適したアンテナを選択し、正しく設置する必要があります。

ここでは、アンテナのタイプに適した設置場所についてお話ししたいと思います。

 

テレビアンテナの設置場所はアンテナのタイプによって異なる

上記でもお話ししましたが、テレビアンテナを設置する際には、ご自宅に適したアンテナを正しく設置する必要があります。

 

・八木式アンテナ

多くの人がアンテナと聞いてイメージするのが、魚の骨のような形のアンテナを屋根上に設置する、八木式アンテナです。

八木式アンテナは、受信感度が良く、価格も安い事から昔から多くの人が利用しています。

受信感度が良いというメリットがありますが、見た目が大きく外観を損ねてしまう可能性があります。

設置場所は、屋根上・壁面・屋根裏など様々なところに取り付ける事が可能となっていますが、多くの場合が屋根上に設置します。

しっかりと固定して設置するのでほとんどの場合は問題ありませんが、屋根上に設置した際には、雪や風の影響を受けやすく最悪の場合転落してしまう恐れもあるので注意が必要です。

そのような事故を防ぐためにも、定期的にメンテナンスを行う事をおすすめします。

 

・デザインアンテナ

近年話題となり、多くの人が設置しているのがデザインアンテナです。

デザインアンテナは壁面に取り付ける事が出来、アンテナ自体も小さいため、家の景観を損ねる事なく設置する事が可能です。

また、デザインアンテナはカラーを選択する事が出来るので、家の壁面と近い色を選択する事で目立たなくなります。

性能は、八木式アンテナに比べると受信感度が弱いといわれていますが、ご自宅の電波状況が良ければ問題なく使用する事が可能です。

電波状況が弱い地域にお住いの場合は、設置場所の電波の感度によっては使用できない可能性もあるので、事前に確認しておくと安心です。

 

・BS・CSアンテナ

BS・CSアンテナは、BSチャンネルやwowow・スカパーなどのチャンネルを視聴する為にアンテナで衛星からの電波を受信できるように設置します。

その為、アンテナの角度が重要となり、周りに障害物などがある場合は受信できない可能性があるため設置場所が限られます。

屋根上か壁面に設置するのが一般的です。

 

・4K8Kアンテナ

2019年12月から放送が始まった4K8K放送を見る為にはこの4K8Kアンテナの設置が必要となります。

スカイツリーから送信されている地デジの電波とは違う電波を受信しなければ放送を見る事が出来ないので、地デジのアンテナとは別に設置する事となります。

4K8Kアンテナの形はBS・CSアンテナとよく似た形のものとなっており、衛星からな電波を受信する為に使用します。

設置場所も同様に屋根上か壁面となります。

 

どこに設置するのが一番良いの?

アンテナのタイプ・設置場所について上記お話しましたが、結局がどこに設置するのが良いのか悩んでしまう人も多い事でしょう。

テレビアンテナの設置で悩んだ時には、何を重要視するかで選ぶことをおススメします。

例えば、家のデザインや景観を損ねない事を一番に考えるのであれば、デザインアンテナを外壁に設置するのがおススメです。

デザインアンテナの設置が屋根裏に可能であれば、家の外観を損ねる事はありません。

また、デザインよりもコストを重視する場合は屋根上の八木式アンテナの設置が良いでしょう。

電波の受信感度が良く、簡単な工事で設置する事が可能なので、他のアンテナの設置に比べて価格も安い傾向にあります。

後で後悔する事のないよう、家の電波状況や重要視する点を考えて設置が出来ると良いですね。