テレビアンテナの寿命について

テレビアンテナの多くが新築時に設置されており、何年を生活していくうちにどんなテレビアンテナを設置したのか思い出せない・・という人も多いのではないでしょうか。

テレビアンテナは日常生活の中で特に意識される事もないため、知らないうちに劣化してしまっていることも多いです。

そもそもテレビアンテナの寿命はどのぐらいなのでしょうか?

ここでは、テレビアンテナの寿命やメンテナンスについてお話ししていきたいと思います。

 

テレビアンテナの寿命は?

テレビアンテナは設置したまま長い時間がたっている物も多いですが、実はアンテナの寿命は取り付け工事後「約10年」と言われています。

設置状況によっては、10年過ぎていても問題なく使用出来ている事もありますが、安全面や画質の事を考えると10年を過ぎたら1度メンテナンスを行う事をおススメします。

テレビアンテナの多くが屋外の屋根上という場所に設置されるため、天候的な影響を多く受け過酷な環境に建ち続けています。

アンテナを止めている針金の素材や屋根の材質などによってアンテナの寿命を左右する条件は様々ですが、雪や強風の影響も大きく関係していると言えるでしょう。

また、海が近い場所にアンテナを設置している場合、海から飛んでくる塩分によって金属がサビてしまい劣化が早まる可能性があります。

その為、海沿いに住んでいる場合は10年経過していなくても早めにアンテナの点検を行っておくと安心です。

上記のように、テレビアンテナの寿命は10年と言われており、地デジが始まってすぐにアンテナを交換した方はアンテナの寿命が近づいていると考えられます。

アナログから地デジに変わる際には多くの人がテレビも買い替えたため、スタートにあわせてテレビアンテナを交換した人も多いのではないでしょうか。

該当する方は、まずテレビアンテナのチェックをしてみると良いでしょう。

 

アンテナの故障?寿命が近いアンテナは交換を

急にテレビが映らなくなったり、映りが悪いといった症状が現れた場合には、アンテナの不具合や故障が疑われます。

そんな時はアンテナ工事が必要であるか下記の項目をチェックしてみて下さい。

 

①複数のチャンネルで映らない状態?

普段から視聴しているチャンネルの中で、どれか1つのチャンネルのみが映らないのか・全てのチャンネルが映らないのかを確認しましょう。

テレビを買い替えた場合や設定をリセットした際には、追加でチャンネルを設定する必要があり、設定を行わないと正常にテレビが映らないケースがあるので注意しましょう。

 

②複数のテレビで映らない?

ご家庭に複数のテレビがある場合、その中の1台が正常に映っていればアンテナに問題はないと考えられるため、家の他のテレビが映るか確認しましょう。

アンテナ以外の問題であるとすれば、テレビの故障・ケーブル接続部分の接触不良や断線・サビが原因で分配器が機能していられない可能性が考えられます。

 

③アンテナが傾いていないか?

家の中で上記をチェックしても原因がわからない場合は、外に出てアンテナの状態を確認してみましょう。

台風で強風が吹いた後や雪が降った後にテレビが映らなくなった時には、アンテナの状態を目で見て確認しましょう。

アンテナが取り付けられているマストが倒れてしまっていたり、ワイヤーが切れて風に揺られている事があるのでしっかりと確認します。

アンテナはステンレス製で丈夫なものですが、長い時間設置されている事で歪みが蓄積し、土台ごと折れてしまうという事もあるので注意が必要です。

もし、アンテナが傾いていたり倒れている場合は、アンテナ工事業者に連絡し角度や方向を調節してもらう事で問題なくテレビを視聴する事が出来るようになります。

 

まとめ

地デジテレビアンテナの寿命は約10年と思っているよりも短いです。

設置場所や天候によって劣化の早さは異なりますが、安全に使用する為には定期的にメンテナンスを行う事をおススメします。

時には、アンテナ本体だけでなく屋根の劣化や設置部分の劣化によってアンテナが倒れたり最悪の場合落下してしまう可能性も考えられます。

そのような事態を防ぐためにも、テレビアンテナの寿命は約10年であると認識し、台風や雪の後にはアンテナに問題がないか確認しておきましょう。